シルエットフォーミュラ―祭り「タミヤ1/20 クレマーポルシェ935ターボ」#4

こんばんは、男蜜です。いやヒロシです。

しかし壇蜜って、そんないいいかなぁ…わたしゃどうもああいうのは苦手です。

ま、冗談はさておき・・・

さて、前回の続きで、ボンネット周りの修正です。なかなかシャーシやエンジンに取り掛かれません

まずは給油口のフタの修正です。

元のモールドを削り落とし、そこにモデラーズの切れてるプラ材Aセットのφ6.5mmでカバーを作り乗せてみました。
画像


画像


参考にしたのはタミヤ1/12の934
画像


ずれないように中心に穴を開け、ふたの方にはφ2mmのプラ棒を接着しています。
フタの蝶番は0.5mmのエバグリを接着しました。
またフタは0.5mm厚なので、両面から少し削って0.3mm程度まで薄くしています。
画像


このフタは研ぎ出しの際に邪魔になるので、ボディとは別に塗装して最後に接着する予定です。


そしてどうしようかと悩んでいたスリットの段差ですが、ここもエバグリの0.25×0.75というプラ帯板を接着したうえで、それ以外に出来る段差と接着強度を増すため黒瞬着を盛りました。
画像


そして表面を整形
画像


表面側はほぼ面一になりましたが、前から見える斜めの面に段差が残っているので、ここはタミヤのパテ(白)を盛りました。
画像


そしてまた整形。
まぁ、こんなものでしょう。
あとはサフェーサーを吹いた時にまたチェックします。
画像


ところで、今日何気なくキットのインストの表紙の完成写真を見ていたら…
画像


うぉ~!スリットのところにデカールを貼ってそのままになってる!
画像


完成見本としてこれはどうなのよ?と思ったのでした(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年02月12日 06:40
ボンネット給油口は上手くいきましたね。
この「切れてるプラ材」って使い道がいろいろあっていいですね。
スリットも綺麗になったようで。
タミヤのインストって、時々「アレ?」って思うような写真が載ってることありますよね。
これは、全部開きが正解でしょう。
ヒロシ
2013年02月12日 11:21
日の丸航空隊さん、切れてるプラ材はいいですね。ただそのサイズを使いきってしまうと、次に使いたいときにまた買わないといけないというのはありますが(笑)

スリットはとりあえず見れるようにはなりました。
インストの写真のスリットのところはデカール貼りっぱなしですね。こりゃちょっと…という感じです。
2013年02月12日 23:06
今晩は。切れてるプラ材、こんなものがあったなんて知りませんでした。スリットの修正もナイスです。
完成見本の写真ですが、確かこういうサンプルって、キットの構成要素を加工せずにそのまま使わなくてはならないといった前提があるんじゃないでしょうかね? なのでデカールはただ密着のみで、スリット部分を穴あけしないのは承知の上だとか?
ヒロシ
2013年02月13日 00:25
COLT-Tさん、切れてるプラ材はかなり前(昨年暮れ)にボークスで売っていたのを見つけて買いました。オートモデリングのロータス49Bのメーターにも使っているんですよ。
一つ買っておくと何かと重宝すると思います。

完成見本は確かにそういうことがあるのかもしれませんが、でも謎ですね。
ドカ山
2013年02月16日 15:48
新しいマテリアルに感心することしきりです。
あまり模型屋に行かないので全然知らなかったです。僕はスクラッチした時のプラの端材とかをビニール袋に入れてとってあるのですが、
これも切れてるプラ材といえばそういえる気がするw
ヒロシ
2013年02月16日 21:12
ドカ山さん、たまに模型屋に行くと模型誌には出ていない新しいマテリアルが出ていたりして楽しいですよ。

プラの端材…確かに切れてるプラ材には変わりないですね(笑)

この記事へのトラックバック