ファインモールド1/48 九六式一号艦戦製作記#1

てなわけで、いきなり始めてしまいました。
画像


新製品の九六式が出たばっかというのに旧金型製品です。
ま、形式が違うんですが、形状がほぼ同じなのでパッと見は同じに見えてしまいますね(笑)


で、いきなりコクピット完成です。
画像


画像


ちなみにシートベルトはファインのエッチングを使いました。
最近はナノシリーズがポピュラーですが、実はこのエッチングのシリーズ結構在庫を抱えているんです。
こういう時にでも使わないと勿体ないですから。
画像


ところで途中で気が付いたんですが、コクピット内の色は青竹色でいいのか?と思って、買ってきたファインの二号二型のインストを見てみると・・・

三菱系コクピット色で塗れ!と買いてありますた。。
そうだよねぇ・・・

いやはや失敗してしまいました。
このキットが出た頃はまだ室内は青竹色だったという解釈だったんでしょう。
現在ならやはり三菱系の色で塗るのがデフォルトですよね。
塗り直しも考えたんですが、既に計器盤にメーターのデカール貼っちゃった後だったので後の祭り。

初期の機体だから青竹色だったという都合のいい解釈をして潔く諦めました

で、気を取り直して胴体組みますが、機首上部のパーツとに凄いギャップが生じます。
ここは少しでもギャップが少なくなるように胴体の貼り合わせ部を削ってみました。
因みにこれは修正後。修正前はもっと酷かったです。
画像


で、ペーパーを当ててさらにギャップを均します。
この後パテで仕上げます。
画像



さて、胴体と上下を張り合わせた主翼と仮組みしてみると・・・
画像

キツキツで下半角が付く始末

画像

フィレットのところもこんな状態です。

どう修正しようか考えて、結局胴体側の接合面を削ることにしました。
画像


また、なぜか左側だけフィレットのところに段差が生じます。
胴体の接合面より翼の方が下がっているので、中にランナーとプラ材で楔を噛ませて上え押し上げるようにしました。
画像


それでも左右ともどうしてもギャップができます。
画像


画像


仕方ないのでマジックで印をつけたあたりを削ることにしました。
画像


画像


こういうときRボコは便利っす!
画像


削ってみました。
このあともう少し削って調整しています。
画像


画像


これで胴体と主翼を合体できます。
接着したらさらに前縁付け根も修正です。
画像


それにしても、ひでぇなこりゃ!
やれやれ・・・

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年08月08日 20:11
こんばんは。
旧九六式のキットは、機首周辺が難関なのをお伝えし忘れていました。
でも、流石ヒロシさん。
ナイスリカバリーです。
カウリングもエンジンとの相性があまり良くないので、気を付けてください。
コクピット色は、開口部が小さいので「青竹色」でもそんなに目立たないと思います。
Rボコを思い切り生かせるキットですね。(笑)
2016年08月08日 21:59
旧九六式の製作開始ですね。まだCAD導入前のキット(のハズ?)ですので、各部の合わせ部分の悪さが目立ちますね。昔のFMのキットって大体がこんな感じです。(橘花なんか機首部分が左右対称になっていなくて歪んでいますもんね!) 私も製作時にはヒロシ殿の製作記を参考にさせて頂きますので、これからの製作記、楽しみにしております。Rボコ買わないと…(笑)
ヒロシ
2016年08月09日 01:16
日の丸航空隊さん、機首部分は以前仮組みした時に分っていました(それら合いが悪いのが理由でそのときはまた棚に戻しました)

カウリングは仮組みしてないので参考になります。気を付けないと。
Rボコ大活躍でした
ヒロシ
2016年08月09日 01:19
0-senさん、大体昔のファインはこんな感じですね(笑)
これを作っていると早く新しい九六艦戦を作りたくなってきます。

Rボコは持っているのを忘れていて、当初サンドペーパーでガシガシやり始めたんですが、そういえば!と思いだして使いましたが、あっという間に終わりました。
持っていて損はないです。
2016年08月09日 13:03
今のファインモールドのキットはかなりしっかりと作られたキットに生まれ変わってきましたが、この頃のは3割ほど簡易インジェクションのような作りでしたよね。
モールドも甘かったし。
ヒロシさんを苦しめるぐらいですから相当なものなのですね。

話は別ですが、付録の零戦キットの商品化を強く願っています。
しかし、あれだけしっかりしたキットを作っておいて、ちょっと抜けているところがあるのが微妙です。
ヒロシ
2016年08月09日 16:56
エアプレンさん、ファインはCADで設計するようになってからはタミヤ並みに精度が良くなりましたね。
この九六式もスジ彫りが消えそうなくらい浅いので、すべて深く掘りなおすことにしました。

付録の零戦の商品化ですか。。
スケビやMG誌以外で一度何かの雑誌に付録で付いたことがありましたが、たぶんもう出ないでしょうね。
逆に普通に商品化されたら、嘘つきと怒る人が出るだろうなぁ(笑)
あきみず
2016年08月13日 20:01
新キットが あるのに旧キットから
チョイスされて 難関な合わせの処理が
参考になります。同じような場面に遭遇
します。新キットとの比較製作も
有りますか。
ヒロシ
2016年08月14日 13:01
あきみずさん、たぶん逆に新しい方から作ったら旧キットを作るのが嫌になりそうな悪寒がしました(笑)
新キットとの比較製作(同時製作)は他にもお手つきがいっぱいあるのでちょっと無理かもしれません。

この記事へのトラックバック