フジミ1/24 フェラーリ512BBその3

ちょっと間が空いてしまいましたが、512BBです。

インテリアとエンジン、足回りが大方出来上がりました。
(まだステアリングなど一部ついてませんが)
画像


インテリアを仕上げます。
シートやインパネなどは当初インストの指示通り艶消し黒で塗ったんですが、やはりなんか殺風景。

画像

で、実車資料の写真を見ながら、クレオスの137番「タイヤブラック」にガイアの「艶消しブラック」を入れて、若干グレーがかった黒で塗りなおしました。

画像


シート脇に付くベルトのホルダーがパーツ化されているんですが、パーティングラインを処理しているときに折れてしまいました。
画像


ということで、片方だけ金属線に変えました
画像


インパネも最初通常の艶消し黒で塗ったんですが、上からシートと同じグレーがかった黒で塗り直しました。
そしてメーターのデカールを貼って乾燥させてから、ダイソーのUVクラフトレジンでガラスを表現しました。
画像


またメーターフード右下にキーシリンダーがあるので、昨年ホビーフォーラムでもらったエッチングセットから合いそうなものを張り付けておきました。
画像


画像


センターコンソールは手前にある楕円形の部分にはレバーがあるようですが、キットでは再現されていません。
そこで洋白線の先端を潰して、黒く塗ったものを穴を開け差し込んでいます。
画像


画像


シフトレバーは太かったのでノブ以外をコンパウンドで磨いた洋白線(φ0.6㎜)に変えました。
でもちょっと長かったかも(^_^;)
画像


フロアマットもないとなんか寂しいな…と思い、色がイマイチですが、プロホビーのスエード調シートをアクアリンカーで貼り付けました。
画像


EXマニホールドの塗装指示はなんと9番(ゴールド)
恐らくチタン製なのでそのような指示なんだと思いますが、いくら何でも金色はないだろ!ということで無視して塗ります(笑)

まずガイアのEXブラックを塗装し、その上からやはりガイアのスターブライトシルバーを塗装。
画像


画像


画像



ウェザリングマスターで所々焼けを表現してみました。
画像


エンジンはプラグコードを追加しました。
画像


デスビに12個Φ0.5㎜の穴を開けてモデラーズのプラグコードを差し込んでいます。
画像


実車では所々コードを束ねているので、先日のホビーショーで買ってきたストレッチリギングを使って束ねてみました。
画像


画像


キットにはコイルのパーツがありませんので、あとでジャンクで探すか自作します。
とりあえずコードだけ出しておきました(笑)
画像


エンジンルーム前方両側にあるタンクはザラザラな表面になっているので、クレオスの500番の溶きパテを筆塗りしてからシルバーで塗装しています。
画像


真中にあるベルトらしきモールドは艶消し黒フィニッシュの細切りを貼って再現!簡単です。
画像


ボディ側です。

フロントノーズとリアカウルに若干ヒケが生じていたのでパテで修正中
画像


画像


ここまでくればそろそろボディの塗装ですね。
当初はイエローなんかも良いなぁ~と思っていたんですが、キットの成型色の赤がどうやら染み上がりを起こしそうなので、無難に赤にすることにしました。

キットのボディは金型をかなり綺麗に磨いてるんでしょう、塗装したみたいにプラがツルピカ!
しかしそのままでは当然塗膜の食いつきに影響するので全体を#1000~1500番でサンぺ掛けしておきました。

あとワイパー付け根にあるウォシャーノズル?と思われる2本の突起は(黒く塗ってあるところ)、研ぎ出しの際に邪魔なのでカットして下穴を開けておきました。
画像


画像


それからシャーシのフロント部分がボディを付けた時に浮いてしまってちゃんと付かないとのことで、カーモデリングマニュアルに書いてあった、先端のカットを行っておきました。
画像


画像


カット前
画像


カット後
画像


次回はリトラクタブルヘッドライトの工作と、タイヤ&ホイールの取付方法を含めた車高調整等の工作ですね。
ちなみにリトラカバーはなんでだよ~の黒のプラ
画像


では!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2016年09月30日 08:20
シートの「本皮」の質感が良いですね。
フロアカーペットもベージュ系で落ち着いています。
デスビの13個の穴は大変そうです。
リトラカバーの黒って何か、どこかで見たような記憶・・・
(間違えかも知れません
フェラーリレッド、頑張ってください。
ヒロシ
2016年09月30日 11:55
日の丸航空隊さん、気持ち玉ありがとうございます。
シートの「本革」質感は何とか出せたかなと思ってます。
デスビは周りに目印となる波型があったので、その波の山に合わせたので簡単でした。

この512の70年代のフェラーリレッドはかなり濃い赤なんですよね。
塗料もいろいろ持ってるので、その中から合うやつを選びます。
たかとと
2016年09月30日 17:28
あれー凄い進み具合でびっくりです。
仕事しながらあれもこれも作例も!
1日34時間あるような日々を送られているのではないか。。。と思ってしまいます。
エンジンルームの密度感。インテリアの密度感も「フジミ悪くないじゃん!」と。
丁寧な塗装も素晴らしいですね!
ヒロシ
2016年09月30日 21:17
たかととさん、そんなに早くないですよ。
基本的には作例が完成してから進めたので。
まだ足回りの工作があるので厄介です。
Mr.M
2016年10月01日 06:49
エンジンに内装!
雰囲気上々っすね~流石っす。
(((o(*゚▽゚*)o)))
12気筒
プラグコードを束ねた事で臨場感が
グッと上るんすね。
12気筒は本数が多くて大変っすよね。σ(^_^;)
お疲れ様でした。( ̄^ ̄)ゞ
いよいよボディー!
引続き頑張って下さいませ~!
ヒロシ
2016年10月01日 10:30
Mr.Mさん、エンジンはプラグコードを追加した位ですが、かなりリアル感が増しました。

フェラーリレッドをどのように再現するかがキモですね。
赤もいろいろあるのでただ今検討中です(^.^)

この記事へのトラックバック