ハセガワ1/48 メッサーシュミットBf109F-4 Trop製作記2

いよいよ実際に製作に入ります。

まずはコクピットを組立てて塗装します。

シートベルトの他細かいエッチングパーツがあるので、塗装前に接着してからRLM66を塗装し、後からシートベルトは塗り分けました。

画像

以前はシートもベルトも別々に塗装してから接着していたんですが、塗装面に瞬着で付けても取れやすく、またはみ出たりすると汚くなるので先に接着してから塗り分けて、最終的に艶消しクリアで艶を整えてます。

画像


画像


画像


フットペダルのベルトは黒みたいなんですが、あえて茶系で塗ってみました。
画像


計器盤はレジンパーツとエッチングの間にフィルムを挟むいつもの方法ですがやはりリアルですね。
この画像をクリックすると拡大されるので分かるんですが、メーターの数字もちゃんと読めますよ
画像


サイドパネルを接着し、計器盤も接着して箱組にします。
実はこれと同じアイリスのF-4用の初期のバージョンのコクピットも持っているんですが、そっちはキットのコクピット裏面にサイドパネルを貼り付ける方法なので位置合わせとかが難しいんですよね。

ただ今回使ったリニューアルされたタイプも、そのままでは幅がギチギチで、キットの裏側とアイリスの側面側をかなり削ってやっと収まりました(苦笑)
画像


画像


画像


次は貼り合わせた胴体にコクピットを仕込み機首部分の工作ですが、プロペラを差し込むシャフトがめちゃくちゃ短いので、これをφ1.6㎜の真ちゅうパイプに変更仕します。
画像


中からこのパーツを接着するんですが、なんでこんなに短いのかな(笑)
画像


パーツの軸をカットし、穴を開けて真ちゅうパイプを接着して裏から差し込んで接着しました。
画像


エンジンカバーのパーツを接着したんですが、どうしても上面の分割面ですき間があいてしまいました。
画像

ここをピッタリとくっ付けると機首先端部分の側面に段差が出来てしまい、そうなると修正が厄介なので苦肉の策です。
本来この中心にはカバーを開けるためのヒンジがあるので、伸ばしランナーか何かで作ってすき間を隠すしかなさそうです。
画像


すき間があいて接着剤が効かないので裏からプラバンを貼って補強しました。
画像


主翼の方も上下貼り合わせ済みで、できれば士の字にしたかったんですが、、コクピットの組み込みとエンジンカバーの接着に手こずってまだ出来ていません。

さて、今月も残り1週間!
とりあえずメッサーは士の字にしたらP-12Eの方を完成まで持ち込みたいです。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年06月22日 16:12
48メッサーですね。
アイリスのコクピットは細かい表現が良いですね。
メーターの数字&文字まで読めるとは驚きです。
エンジンカバーには結構大胆なヒンジがあるのでプラ○棒か伸ばしランナーがいりますね。
もうすぐ十の字、士の字に行けますね。
ヒロシ
2018年06月22日 18:35
日の丸航空隊さん、アイリスのは細かいのは良いんですが、エッチングパーツとか細かすぎて付けるのが大変でした(笑)
エンジンカバーにはやはりヒンジを追加しないといけないですね。
士の字まであと少しなので頑張ります。
やひち
2018年06月22日 22:02
お疲れ様です!やはりアイリスのコックピットはいいですねぇ。
収める為に削り倒すのはお約束なので諦めましょう!!
ヒロシ
2018年06月22日 23:11
やひちさん、やっぱりレジンのコクピットは良いですね。
削るのはそれほど多くなかったので、なんだかんだで20分位で収めることができました。
先ほど士の字まで完了しましたよ。

この記事へのトラックバック