1/72 モランソルニエMS406 3社同時製作記その5

もうそろそろ塗装作業にな入れるかな…と思っていたんですが、いくつか手付かずな部分がありました。

R社の翼の機銃取付け部
これではまともに付けられないので彫り込んで穴を開けました
画像


このあともう少し削って形状を修整しました。
銃身自体は真鍮パイプに変えます。
画像


H社は銃身をイモ付けする方式なのですが、こちらもどっちみち真鍮パイプに変えるので穴を開けておきました。
画像


垂直尾翼突端にあるアンテナ?ですが、E社はこの突起にまたP型のパーツを付けるという方法なので真ちゅう線で作り替え
画像


画像

H社も小ぶり(短い)のでこれも0.3㎜に真ちゅう線に変えました。

またE社はアンテナ柱位置が他の2機と比べて後ろ過ぎるので少し前にしました。
そしてR社は元々の穴を一旦埋めて金属線を介して付けられるように穴をφ0.3㎜で開けなおし
画像


翼短灯はどうしようか迷ったのですが、3機とも透明レジンで透明化しました。
ちなみにE社はそもそも翼端灯のモールドすらありましぇん

R社
画像


E社
画像


H社
画像


三者三様の脚カバー(笑)
画像

E社が一番小ぶりで変ですがこのまま使います。

そしてうっかり忘れるところだったR社の排気管パーツの接着。
画像

他の2社は胴体と一体成型なんですが、R社のは他の型に対応できるよう別パーツになっています。
実際、不用パーツとして別形状の排気管パーツもあります。

しかしまた、こんな修正し辛いところにパテを盛らなくはいけないとは・・・
画像


乾燥後ペーパー掛けしたんですが、それでは修正しきれず2回目のパテ!
ちなみに分かりやすいように色が緑のフィニッシャーズのラッカーパテを使用してます。
画像


画像


一応排気管周りの修正が終われば3機とも塗装に入れそうです。

H社は箱絵のフィン空にするのですが、以前モデルカステンのフィン空用カラーセットを買ったのを思い出し用意しました。
画像


今回はここまで。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年11月30日 13:01
塗装の前に気が付いて良かったですね。
アンテナや機銃口、排気管などは塗装の後ではどうしようもない部分ですからね。

フィン空迷彩は独特な色使いなので、専用色があると嬉しいですね。
フィン空メッサーも積んでいるので、このセット今になって欲しくなりました。
塗装が楽しみです。
ヒロシ
2018年11月30日 13:10
日の丸航空隊さん、3機同時だったのでうっかり排気管の取り付けをあと回しで良いと勘違いしてました。

フィン空のセットはだいぶ前に買ったものです。
アキバとかに行けばまだあるかもしれません。

この記事へのトラックバック