ARMA HOBBY 1/72 PZL.P7A その1

カマロも何となく完成の二文字が見えてきたし、レベルのP-40Eに関してはそれ程慌てる必要もないので1/72でサクッと出来そうなやつを始めることにしました。

今年も年間完成数をかせぎ、少しでも在庫を減らすために短期間で完成させられそうな1/72の飛行機はどんどん作っていきたいです。

で、このキット、ブログを見返してみたら、ちょうどほぼ1年前にポチったのが届いてました
ARMA(アロマと呼ぶのかな?)ホビーは初めて作るメーカーで、ポーランドのメーカーです。
実機のPZLもポーランドのメーカーなのでキットの出来にちょっと期待しちゃいますね。

因みにPZL.P7Aという飛行機は・・・

PZL P.7は、1930年代初頭にワルシャワのPZLで開発されたポーランドの戦闘機である。1933年にポーランド空軍の主力戦闘機として採用された本機は、初めて量産に移された全金属製単葉機のなかのひとつであり、当時としては最先端の構造をもっていた。しかし1930年代の末には旧式化し、後継のPZL.P11cに交代した。P.7は少数が1939年まで現役にあり、数十機がポーランド防衛戦争に参加、若干の撃墜戦果を挙げた

用途:戦闘機
設計者:ズィグムント・プワフスキ
製造者:Flag of Poland.svg PZL社
運用者:ポーランド空軍 、ドイツ空軍、ルーマニア空軍、ソ連空軍

初飛行:1930年
運用開始:1933年
運用状況:退役

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

PZLは以前製作したエレールのカラス以来ですね。
ちなみに後継機のPZL.11Cは古いレベルのファイターシーリーズがあり、キットも持っていますのでそのうち並べようと思います。

画像


キットは通常版に加えエッチングや主輪のマスクシート、4種のマーキングのデカールなどがセットされたエキスパートセットが発売され、私のは後者です。

ランナーのゲートが多少太いことや、パーツのモールドや接着面までゲートの凸部が若干掛かっていることをのぞけばパーツもかなりシャープですし精度はかなり高いです。
最初は簡易キットかなと思ったんですが、パーツがかなりシャープだし、ランナーの感じがちゃんとした金型っぽいのでもしかしたらちゃんとしたインジェクションキットかもしれないです。

では早速製作開始っす!

コクピットのパーツ
シートベルトやレバー類などエッチングパーツを付けるようになっています。
床面は一部モールドを切除してエッチングを貼ります。
画像


塗装&スミ入れして胴体にコクピットパーツを入れると、若干パーツが幅広のためか胴体腹部に少しすき間が生じました。
少々すり合わせをしてあとは強引に接着(笑)
画像


画像


計器盤はモールドされているんですが、エッチングとフィルムが付属しているのでせっかくなのでそれを使用。
エッチングの裏からフィルムを貼ります。
画像


エッチングの計器盤はプラパーツのモールドを切除してそこに貼りつけます。

コクピットに取り付けましたが、操縦桿がそのままだと計器盤の後ろ側にいってしまいます
操縦桿は付けるときにφ0.3㎜の真ちゅう線を介して床に付けているので、苦肉の策でそのままシート側に倒しておきました。
画像


脚の支柱を接着
画像


尾翼も取付けました
画像


脚のパーツは胴体と少々ギャップが生じたのでパテのお世話に
画像



主翼は上下貼り合わせですが、思いのほかぴったんこ!
画像


しかも表面には繊細なモールドが!
画像


胴体に仮に載せてみましたよ
画像


塗装&マーキングは4種
機体色は上面がカーキのような色で翼裏面はドイツ機のようなライトブルーですが、一番下のだけ暗いカーキ色です。
画像


今のところマーキングは箱の絵にもなっているこれの予定!
画像


ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年01月30日 13:37
こんにちは。
ARMAのRZLですね。
このメーカー、どっかで聞いたことがありますが、記憶が定かではありません。
エッチングパーツもついていて、エデュのプロフィパックみたいですね。
モールドもしっかりしていて良い感じです。
これには「張り線」はつかないのですか?
だとしたら、サクサク物ですね。
迷彩塗装も2色なので比較的簡単かな?
私も早く飛行機作りた~い。(笑)
ヒロシ
2019年01月30日 13:51
日の丸航空隊さん、ARMA HOBBYは最近できたメーカーだと思います。
張り線は脚の支柱にクロスして付いているだけみたいですし、迷彩も2色だけなのでそれも選んだ理由です。
コイツは2月の中旬位までには完成させたいと思ってます
0-sen
2019年01月31日 00:44
PZLとは、驚きのマイナー機ですね。私が知ってるのは、レベルの100円キット位ですが、それとは別の機体なんですね。メーカーも知らないし、勿論内容も分かりませんが、マイナー機好きの私には嬉しいチョイスかもしれません。私も次は1/72の飛行機を作ります。
ヒロシ
2019年01月31日 08:47
0-sen殿、数ある在庫の中から作りやすそうということでこのキットにしました。
レベルのPZL-11cはこの機体の後継機になります。
マイナーな機体ですが、上翼機ってなぜか好きなんです(笑)
メーカーも最近できた新興メーカーのようですが、クオリティは高い方だと思います。
0-sen殿も次は1/72の飛行機とのことで楽しみです
black?
2019年01月31日 10:41
ヒロシさん、おはようございます。

スケールが違うと、組みやすさとか組みにくさとか、
見た感じとかが違って、また別の楽しみがありそうですね。
当たり前なのかもしれないですが、
同じジャンルは同じスケールでしか作ったことが無く。。。

チャレンジしたいものが増えてきます(笑)。

1/72の仕上がりが楽しみです。
ヒロシ
2019年01月31日 14:53
black?さん、この歳になるとローガンもあってあまり小さいスケールは作りたくないです。
数年前までは1/144スケールの飛行機も作っていましたがほぼ処分してしまい、今は1/72が限界です(笑)
違うジャンルを作るとまた違ったテクニックだったり、発見があったりして楽しいですよ。
あきみず
2019年02月01日 21:17
コクピットもエッチングで精度が上がって
気持ちいいです ポーランドの機体は
まだ作った事ありません ボークスで
キットはよく見てるんですが、手が出ま
せん。
ヒロシ
2019年02月01日 22:01
あきみずさん、一応エッチングなしでも組めるようにはなってます。
ノーマルバージョンだと確か千円台の価格です。
ポーランドの機体も良いですよ。
資料が少ないぶん変に悩まなくていいです

この記事へのトラックバック