タミヤ1/12 マトラMS11 製作記9

カマロも無事完成したので久しぶりにマトラです。

着手したのが2017年1月なので既に2年目3年目に突入です

また前回の記事が昨年の6月なので、そこからも8か月目!

いい加減完成までもっていかないといけないですね。

実は現在モケデンさんがこのタミヤのマトラをモーターライズで製作中でして、ぜひ一緒に静岡で展示しましょうてなノリになりました(笑)

そもそもしぞーかでのYDCCさんとこのお題が「タミヤ」(なんとざっくりな(笑))なので、ちょうど作りかけだし完成させるモチベにもなるしで、これを機に完成させようという気持ちになりました。

てなわけで再開いたま~す!

前回更新したすぐ後にズレが酷かったリベットの下穴の開けなおしが終了していました。

一応ケガキ線を書いて穴位置を決めました。

画像


完璧じゃないですが最初よりは大分良いかな・・・と
画像


エンジンもカムカバーを接着し、ミッションも接着。
画像


試しにシャーシに載せてみました
画像


モノコックは大方メドがついた感じです。

で、モケデンさんもご指摘されていた当時のタミヤのサスペンションなどの足回りのガタ&強度不足ですが、もう9年前になりますが、ロータス72Dを製作したときは、バーをアルミパイプに変えたりしました。
画像


ただこの方法だと左右のフック状のパーツはプラのままなのでやはり強度とガタツキが気になります。
モケデンさんはこのフックのところを瞬着で丸穴にし、穴に真ちゅう線を通して取り付けるという方法にされています。

私も同じ方法にするか分かりませんが、何か対策を考えたいと思います

さて、もう少しすればモノコックの塗装に入れるんですが、そろそろ仕様を決めないといけません。
以前からタミヤの組説のマーキング図と実際の仕様との違いをお話ししていますが、大きくはゼッケンナンバー、フロントウィングの有無、ウィンドシールドやボディサイドの形状の違いなどです。

ただ色々調べてもキットの仕様(デカールのゼッケンも含めて)そのものは無いようです。

また当時マトラは純フランスのマトラ・スポーツと、マトラ・フォードの2チームあったそうで、当然ながらマトラフォードはV12ではなくフォードのV8エンジンでMS10と呼称されていました。
実はタミヤの組説の解説の実車写真は、ノーズにFordのステッカーが貼ってある通りフォードの方という・・・
画像


なので画像をネットで探す際もそれに気を付けないといけません。

で、以前調べた画像をもう1度確認し、キットをあまり改造等せずほぼそのままでいける仕様を見つけました。
画像

以前アップした画像ですが、フロントウィングが無い以外はほぼそのままキットの仕様と同じようです。
なのでこのゼッケン18番でいくことにしました。

早速ノーズのウィング取り付け部を埋める作業に着手!
画像


ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 日の丸航空隊

    マトラ再開ですね。
    SHSに丁度良いですね。
    リベットの下穴は開け直したのですね。
    最初の時より真っ直ぐになっていて綺麗です。
    Fウィングは後付方式で良かったですね。
    モールドされていたら、「切り取る」という一手間が多くなりますからね。
    これからの進捗が楽しみです。
    2019年02月12日 06:33
  • ひろ

    仕様が決まって更にモチベUP⤴⤴ですね
    マトラフォードですかφ(..)
    2019年02月12日 15:16
  • ヒロシ

    日の丸航空隊さん、やっと再開です(^^;
    リベット穴はズレが酷かったとこだけ開けなおしました。
    Fウィングは取付角度の調整まで終わっていたんですが無駄な工作になっちゃいました(笑)
    何とか静岡に間に合わせます!
    2019年02月12日 17:25
  • ヒロシ

    ひろさん、仕様が決まったのでこれでいろいろ進められます。
    2019年02月12日 17:27
  • ひろポン

    >ヒロシさんこんにちは!
    再開お待ちしていました(笑)
    モケデンさんも始めたし、なんか気まぐれでまた作りたくなってきたけど我慢。
    タミヤの箱絵はFウィングがあるから訳判らん仕様ですが、ウイング無しならイギリスGP仕様になりますね。
    画像はイギリスの予選時のお遊び?でしょうが
    ベルトワーズはキットの大きなウイングも、フランスと同じオイルクーラー上の小さいのも、どっちも走らせてるのでそれが無難でしょうか(笑)
    2019年02月12日 17:29
  • ヒロシ

    ひろポンさん、こんばんは。
    やっと再開できました
    とりあえずは画像のイギリス仕様に倣って製作しますが、あまり細かいとこに拘ると完成しなくなるので、なんちゃってイギリス仕様というスタンスで進めていきます(笑)
    2019年02月12日 19:51

この記事へのトラックバック