タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#14

今日も曇りがちな東京の空ですが、日曜あたりから天気が悪く、予報では⛄のマークも…
いまのところ雨か雪で雪でもちらつく程度で積もらないらしいですが、一歩間違えると大雪になるかもしれないと言う天気予報士もいたりして気が気ではありません。

さて、そんな今日この頃ですが240ZGは粛々と進めています

結局ボンネット脇の小さなリッドの開閉方式はあのままとしました。
思いついた方法を昔作ったドナーの方で試したんですが、やはり上手くいかず…
P1210092.JPG

因みに実車はこういう風に開きます。
PA130001.JPG

かなり違いますが、キットのままの脱着式よりはマシでしょう。

さて、リアハッチの開閉ダンパーですが、キットはこういう感じ(旧作)
P1220007.JPG

ちょっとゴツイし精度がイマイチです。
実車もダンパーはわりと太いようですが、ここまで太くはないみたいです。
そこで金属化することにしますた。

以前買っておいた真鍮パイプセットで、Φ2.5mmと2mmを組み合わせます。
そして2mmの方の先端を潰し整形します。
P1220002.JPG

シリンダーはΦ1.4mmのアルミパイプで、これも先端を潰して整形し穴を開けておきます。
またコンパウンドで磨いてピカピカにしておきます。
P1220003.JPG

P1220004 (1).JPG

ダンパーの本体となるΦ2.5mmのパイプとその中に入れる2mmのパイプ、それにシリンダーです。
アルミパイプのシリンダーは強度が心配なので中にΦ0.8mmの真鍮線を入れてあります。
P1220006 (1).JPG

Φ2.5mmのパイプの中に先端を潰して整形したΦ2mmのパイプを挿入します(入れる時に瞬着を塗って入れれば取れません)
シリンダーは差し込むだけでスムーズにスライドしますが、それだけだと開けたときの保持ができないので何か考えないといけないです。
P1220009.JPG

ボディ側のダンパー取付パーツは本来ダンパーをはめる一段細い部分をカットして、ジャンクパーツにあったアルミリベット(たぶんヒロの1/12のF1のトランスキットのものかと)を差し込んで留めるようにしました。
P1220012.JPG

P1230014.JPG

ハッチ側の方はキットのヒンジパーツを流用してΦ0.7mmの真鍮線のピンを挿して留めるようにしました。
82859616_1677657999041069_3583287126243934208_o.jpg

それからリアハッチの裏ですが、おそらくラリーバーバージョン用のパーツ取付用の隠し穴の凹があったりしてそのままだとちょっと見栄えが・・・

実車を確認してないのでわからないのですが、何か内張があってもよさそうですよね。
ということでマステで形状を写し取って、1mm厚のプラ板を切り出して内張風にしてみました。
P1210001.JPG

この写真ではまだですが、右端のダンパーのヒンジのところはこのあと切り欠いてます。
P1210002.JPG

これでリアハッチの工作はほぼ終わりですが、あとはリアスポの取付をビス固定式にするくらいです。

さて、フロントバンパーの整形が終わりました。
横から見るとほぼ実車通りの感じになりましたが、こうして比べると下側の膨らみが足りないですね。
ここも直そうかな?
P1230020.JPG

P1060006.JPG

P1230021.JPG

そろそろエンジン関係も再開します。
まずは旧作に付いていた自作のタコ足の塗装を落としました。
P9300034.JPG

P1230018.JPG
てっきりランナーで自作したと思っていたんですが、どうやらタミヤのF1のEXマニを加工流用したみたいです。
シンナー風呂に入れたらタミヤパテがコッテリ付いていました(笑)
これは少し形状などを修正して再利用します。

旧作のエンジン
当時としては頑張って作っていたのがわかります。
すごいな…自分
P1230016.JPG

P1230017.JPG

それからオイルクーラーも。
P1230019.JPG

これは確かラリーバージョンに付いていたものだと思うんですが・・・
これもホースのヒンジなどを変えて再利用します。
P1240040.JPG

あとボンネットのキャッチですが、実車はこうなってます。
P1230024.JPG
結構目立つところなのでここもどうにかしたいところです。
で、今悩んでいるのがボンネットの開閉ヒンジ。
キットのままでいくか、実車どおりの機構を再現するか…でもそれを再現するのは結構難しそうなんですよねぇ。

マフラーは旧作ではラリーバージョンの2本出しを付けていました。
156998363751244639934-thumbnail2.jpg

が、流石にストリート仕様でこれはないだろうということで、今回は極太タイプにしようかと思ってます。
こんな感じで。
P1230022.JPG

ボディの方はこの週末で大方目途をつけたいですね。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年01月24日 13:01
こんにちは。
リアハッチのスライドダンパーの工作は良いですね~。
保持力が保てないのが厳しいですが、キットパーツよりは断然スマートです。

エキゾーストの「タコ足」は他のキットパーツの流用だったのですね。
今なら、マテリアルが豊富なので、前のよりスッキリ決まるでしょう。

マフラーエンドも「極太」になって、格好良くなりますね。
ヒロシ
2020年01月24日 13:29
日の丸航空隊さん、こんにちは。

>リアハッチのスライドダンパーの工作は良いですね~。
>保持力が保てないのが厳しいですが、キットパーツよりは断然スマートです。

ここは作る前から金属化しようと思ってました。
保持力はちょっとアイデアが浮かんだので試してみようと思います。
上手くいったらお披露目しますね。

>エキゾーストの「タコ足」は他のキットパーツの流用だったのですね。
>今なら、マテリアルが豊富なので、前のよりスッキリ決まるでしょう。

何しろ30年以上前に作ったのではっきり覚えていませんでした。
当時友達からジャンク化したサファリラリー仕様をもらったんですが、その友達から同じようにジャンク化したタイレルフォードももらったような気がします。
EXマニはそれを使ったのかもしれません。
>
>マフラーエンドも「極太」になって、格好良くなりますね。

マフラーのタイコとエンドは自作ですね。
オートビルダーS
2020年01月25日 09:15
おはようございます。
割と進んでますね(^^)
リヤハッチのダンパー、素晴らしいです。
私はこのようなギミックを伴う工作が苦手なので参考になります。
フロントバンパー下部の形状は仰るように実物は厚みがありますね。
今のままでも違和感はないので、どうするか悩みますね。
できれば横浜で拝見したいです(^^)
ヒロシ
2020年01月25日 11:23
オートビルダーSさん、おはようございます。

>割と進んでますね(^^)
>リヤハッチのダンパー、素晴らしいです。
>私はこのようなギミックを伴う工作が苦手なので参考になります。

進んでいるようで進んでないです(笑)
モノが大きいので、こういうダンパーなどのギミックはちゃんと作っておいた方が安心ですね。

>フロントバンパー下部の形状は仰るように実物は厚みがありますね。
>今のままでも違和感はないので、どうするか悩みますね。

とりあえず光硬化パテを盛ってみました。
このあと削って整形してみようと思います。

>できれば横浜で拝見したいです(^^)

未完状態でも持っていく予定です(^^;
2020年01月28日 08:51
ヒロシさん、おはようございます。
遅コメにて失礼いたします(ペコリ)。

ボンネット脇の開閉は、実際の写真を見ても、
私では構造すら掴めないですぅ。。。
内側に入り込んでるのでしょうか?
うーん。お手上げ~っ。

ダンパーの端っこにある丸い穴のとこ、
パイプを潰して作るんですね!
美しく仕上がりますねぇ。。。
前に真鍮線を潰そうとして諦めて、
ヒロシさんの真似っこ(笑)で、細い金属線で?マークにしましたが、
パイプだと潰しやすそうですね!
次の機会はパイプでやってみま~す(ペコリ)!
ヒロシ
2020年01月28日 09:40
black?さん、おはようございます。

>ボンネット脇の開閉は、実際の写真を見ても、
>私では構造すら掴めないですぅ。。。
>内側に入り込んでるのでしょうか?
>うーん。お手上げ~っ。

そう、内側に入り込んでいるんですが、実車は薄い板なので、小さな丁番で開閉してると思うんです。
しかし模型だとプラの厚みもあって再現するのは私の腕ではほぼ不可能でした(^^;

>ダンパーの端っこにある丸い穴のとこ、
>パイプを潰して作るんですね!
>美しく仕上がりますねぇ。。。
>前に真鍮線を潰そうとして諦めて、
>ヒロシさんの真似っこ(笑)で、細い金属線で?マークにしましたが、
>パイプだと潰しやすそうですね!
>次の機会はパイプでやってみま~す(ペコリ)!

真鍮線は細いのだったらプライヤーとかで潰せますが、ここまで太いのはパイプじゃないと無理ですね。
アルミパイプは柔らかいのでさらに潰すのが楽です(笑)
是非お試しあれ!