タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#21

今日の関東は雨。
ここ数日春のような温かさですが、今日はちょっと寒いです。

またもう花粉が飛んでいるようで、最近鼻がムズムズしますです
これから本格的に花粉が飛ぶのかなぁ~やだなぁ

ところで実家の方に置いてあるMAのバックナンバーの70年代初めの方を見ていたら、タミヤの240ZGの広告がありました。
P2140004.JPG
1973年12月号です。

現在も続く表紙の裏にある広告です。
P2140005.JPG

当時の価格は¥3,000!
P2140006.JPG

因みに私はてっきり市販型のZGが発売されてからサファリラリー仕様が発売されたと思い込んでいたんですが、今回昔のMA誌を見て先に発売されたのはラリー仕様で、その後1年ほどして240ZGが発売されていました。

今から48年前の¥3,000って今にすると幾らくらいなんでしょう?
やはり¥10,000くらいなのかな?

さて、キャブ関係の工作です。

キャブとインマニの接続部のフランジは別パーツになっていますが、そのフランジのひし形◇のパーツには片側(エンジン側)のみナットのモールドがあります。
しかし実車ではこのフランジからボルトが出ていて、キャブはナットで固定するというのが多いみたいです。
P2130003.JPG
そこでキャブ側の方に穴を開け、六角ボルトを埋め込めるように穴を開けておきました。
因みに旧作に付いていたラリー仕様の同じパーツのフランジのナットのモールドはちゃんと六角形でしたが、今回のパーツはただの○モールドですた

で、このフランジですが、キャブとインマニの間には本来ガスケットがありますが、モールドも何もありません。
そこでこれを塗装で再現しておきます。

ガスケットの色は黒とか茶色が多いようで、今回はMr.カラー29番の艦底色を塗り、0.7㎜幅のマステでマスキングします。
P2130001 (1).JPG

シルバーを塗ってマステを剥がし、開けておいた穴に以前ミチバシリさんから頂いた六角ボルトを埋め込んで出来上がり。
P2140002.JPG

エンジンに仮組みしてみました。
これでスロットルリンケージなどの追加工作をしていきます。
P2140003.JPG

まずはインマニにスロットルを開閉するためのシャフトを付けるためのフレーム(支柱)を付けました。
P2150014.JPG

1㎜厚のプラ板から切り出し、インマニとの接着は真ちゅう線を介して補強しさらに根本はイージーサンディングを盛りつけました。
P2150015.JPG

スロットルレバーを動かすためのシャフトはΦ0.6㎜の洋白線を使用します。
支柱の穴にはΦ0.8㎜の真ちゅうパイプを入れてます。
P2150016.JPG

キャブの方の工作です。

中のバタフライを動かすためのシャフトですが、リンケージが付く反対側はナットで固定されています。
これは私のロドのソレックス。
P2130013_LI.jpg

しかしキットはただの凸。
ということで、六角のプラ棒をスライスして、Φ0.5㎜のエバグリをシャフトに見立てて再現しました。
P2150018.JPG

インマニをエンジンに接着するため、位置等がズレないようにキャブとシャフトを通して固定中。
フランジのエンジン側にあるナットの凸モールドは結局切除しました。
P2160021.JPG

カムカバーですが、オイルキャップの穴がかなりズレてます。
P2140005 (1).JPG

プラ棒で一旦埋めて開けなおしましたが少しズレちゃった(^^;
でもこの位なら問題ないでしょう。
P2160002.JPG

それからカムカバーの固定ボルトですが、ちゃんと六角にはなってますがD.UPします。
P2140003 (1).JPG

切除して穴をあけておきました。
P2140004 (1).JPG

ここにはこれを使用します。
P2140006 (1).JPG

P2140007 (1).JPG

オイルエレメントとエンジンブロックとの間に付けるオイルクーラー取出し用のブロックは加工して塗装しなおしました。
以前はガンメタみたいな色でしたが、今回はチタンゴールドで
そしてオイルクーラーへ行く配管のジョイントはM.F.Hのメタル製のものを付けました。
P2140008 (1).JPG

それから前回作ったオイルレベルゲージですが、ちょっと太かったので作り直しました。
P2140011 (1).JPG

0.5㎜だったのを0.4㎜に。
また途中に真ちゅうパイプを輪切りにしたストッパーも追加。
P2140010 (1).JPG

エレメントは仮付けです。
P2140013 (1).JPG

そうそう、今回主に使用するボルトや&ナットジョイントなどのD.UPパーツはこれらです。
P2160001.JPG

今回はここまで。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年02月16日 15:07
こんにちは。

お湿り的には丁度良いのですが、少し寒いですね。(^^;)

キャブレターとマニホールドの工作ですね。
インシュレータが「艦底色」・・・・「う~ん。ピッタリ!」
取り付けボルトも、リアルで良いです。
各メーカーのD・UPセットが大活躍ですね。

キャブリンクも基部が出来上がれば繋げていくだけでしょうが、上手く繋げないとリンクしなくなってしまうので大変ですね。
1/24とは違って、省略できない部分もありますからね。

キャブリンクがんばって繋げて下さい。
ヒロシ
2020年02月16日 19:49
日の丸航空隊さん、こんばんは。

>お湿り的には丁度良いのですが、少し寒いですね。(^^;)

ここのところ乾燥気味だったので、その点では良いですがちょい寒いですね。

>キャブレターとマニホールドの工作ですね。
>インシュレータが「艦底色」・・・・「う~ん。ピッタリ!」
>取り付けボルトも、リアルで良いです。
>各メーカーのD・UPセットが大活躍ですね。

ありがとうございます。
ガスケットではなくインシュレーターなんですね。
色はマイロドの色を参考にしました(笑)

>キャブリンクも基部が出来上がれば繋げていくだけでしょうが、上手く繋げないとリンクしなくなってしまうので大変ですね。
>1/24とは違って、省略できない部分もありますからね。
>
>キャブリンクがんばって繋げて下さい。

そうなんですよ。
1/12なので全体的に長さもあるので、ちょっとずれただけでも見た目が変になってしまいます。
とにかく頑張ります。
2020年02月17日 09:10
ヒロシさん、おはようございます。

細かなディテールアップ祭りですね!
大変そうでもありますが、楽しそうですぅ(ニコ)。

スロットル開閉用のシャフトが、気持ちよくハマった瞬間が、気持ちよさそう(笑)。
支柱がバッチリだったって事の証ですよねぇ。
こういった支柱の高さや位置、方向、孔開けの箇所を揃えるのって、とっても難しいですぅ。。。
ヒロシ
2020年02月17日 09:41
black?さん、おはようございます。

>細かなディテールアップ祭りですね!
>大変そうでもありますが、楽しそうですぅ(ニコ)。

そう、大変だけど楽しいです。
やってると時間が経つのも忘れて熱中しています(笑)

>スロットル開閉用のシャフトが、気持ちよくハマった瞬間が、気持ちよさそう(笑)。
>支柱がバッチリだったって事の証ですよねぇ。
>こういった支柱の高さや位置、方向、孔開けの箇所を揃えるのって、とっても難しいですぅ。。。

仰る通り高さや位置などを揃えるのが難しかったです。
最初に基本となる1個を作り、あとの2個はそれと同じように作るんですが、2~3個失敗してます(笑)
オートビルダーS
2020年02月17日 12:35
こんにちわ
古いキットも味がありますが
古い資料も味がありますね。
今回のキャブまわりの工作、この辺りを精密に作るとやっぱりカッコいいですね。
次作のパーツに加えてDアップパーツもあるといいですね。
私もそろえておきたいです(^^)
ヒロシ
2020年02月17日 13:54
オートビルダーSさん、こんにちは。

>古いキットも味がありますが
>古い資料も味がありますね。

昔のMA誌は味があって良かったです。
今のも悪くはないですが、印象に残る作品(作例)って少ないです。

>今回のキャブまわりの工作、この辺りを精密に作るとやっぱりカッコいいですね。
>次作のパーツに加えてDアップパーツもあるといいですね。
>私もそろえておきたいです(^^)

元々在庫してたD.UPもあるんですが、足りなくていくつかはポチッたり、店頭で買いそろえました。