レベル1/72 PZL P-11c その1

現在は1/12の240ZGと1/24のRX-72台を製作中ですが、息抜きを兼ねてすき間時間にサクッとできる飛行機を作りたいなぁ~と思い、レベルのPZL P-11cをやることにしました。
P7270036.JPG

先日IBG MODELSの1/32のPZL P-11cを購入しましたが、その前に積んである1/72を成仏させなければ…と思っていたのもあります。
72のPZL P-11はレベルの11cとIBGの11aを持っていて、まずはパーツの少ないレベルのをあまり手を加えずに作ります。
P7290060.JPG
箱の大きさは倍くらい違いますが、レベルは50年以上前の製品、IBGは昨年発売された最新キットですので、当然再現度やディテールは雲泥の差です(笑)
ちなみにIBGモデルスの方はこちらをご覧ください

レベルのパーツはこれだけ。
P7280037.JPG

デカールと風防とチューブ入り接着剤
茶色いのはタカラレベルになってからこのファイターシリーズに同梱されていた使えるのか使えないのかよくわからない治具です(笑)
P7280038.JPG

因みにレベルの方は昨年だったか、オクで入手したもので、箱の中には懐かしいパンフとプレゼント応募はがきも入ってました。
P7280042.JPG

なんと切手は20円ですよ!
P7280054.JPG

キットは昭和52年(1977年)に出ていたものですね。
私が高校2年くらいの頃で岩崎宏美さんに狂っていたころです(笑)
P7280055.JPG

さて、このキットを作るうえで問題なのがデカールです。
見た感じでは使えそうですが何分古いので発色や印刷もイマイチで、とくに国旗マークの白が黄ばんでいるのがなんとも・・・

そこでジャンクデカールにポーランドの国旗マークが無いか探したら・・・

ありました~
P7280039.JPG
これはエレールのカラスに入っていたデカールの残り。

貼るのは主翼左右上下と尾翼両面の6枚で、大きさもピッタリです。
レベルのは尾翼に貼るのがかなり小さすぎで、エレールの方が正しい大きさなのです。
これで国旗マークに関しては解決で、あとのマークなどは何とかなるでしょう。

前置きが長くなりました。
では制作に入りましょう!

コクピット開口部のフチは皮のパッドのモールドがあるので、角を落としておきます。
P7280047.JPG

水平尾翼は擦り合わせしてやったら意外にもピッタリ!
P7280051.JPG

P7280052.JPG

コクピット内の塗装指示は27番の機体内部色でしたが、IBGの方を見たらシルバーだったのでタミヤラッカーのフラットアルミを筆塗りしました。
P7280053.JPG

コクピット内はL字型のシートらしきものがあるだけで、あとはパイロットを乗せるのみ。
こうなるとパイロットを乗せないとどうしようもないので乗せることにしました。

インストの塗装指示です
P7280049.JPG
どこを肌色に塗ればいいのかわかりましぇん

で、こんな感じになりますた。。
P7280048.JPG

機体は翼下面のみ違う色で、あとは機体全面カーキです。
なので機体色と同じカーキで塗る翼を支える支柱は別塗装で後付けしたいところですが、フィッティングの問題もあるのでこの時点で付けることにしました。

主翼を接着して水平に気を付けながら支柱と脚柱(支柱?)を接着しました。
P7290004.JPG

P7290005.JPG

少々のすり合わせで結構ピッタリ!すごいなレベル!
50年以上前のキットですよ!

エンジンは塗装後に組み込む予定ですが、仮組みしてみるとカウリングの中にぴったりフィット!
P7290007.JPG

プロペラは根元が金型の関係でこんな感じ。
P7290002.JPG
さすがにこれはいただけないので、削って修正します。

機体は現在ここまで。
P7290003.JPG
カウリング先端が少し角ばり気味のような気がします。
ちょっと修整しようかな・・・

とりあえず機体と同色のプロペラの修正が終われば塗装作業に入れそうですね。

今回はここまでです。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

日の丸航空隊
2020年07月30日 10:01
こんにちは。

積みプラ成仏作業ですね。
レベルのファイターシリーズ、懐かしいです。
フィギュアはこのコクピットだと入れざるを得ないですね。

50年前のキットとは思えないほどピッタリ決まりますね。
国内メーカーであまり良いキットが無かったときに、レベルのキットはとても嬉しかったですね。
海外メーカーキットが安価で入手できたのも嬉しかったです。

ジグは使い物になりませんですた。(^^;)

我が家にも「アルバトロス」が2機積んであるので、そのうち成仏させてあげましょう。(^^)
先ほど1/72の飛行機の箱を開けました。
コンプリートさせようと、「大人買い」した機体です。(^^;)
ヒロシ
2020年07月30日 11:14
日の丸航空隊さん、こんにちは。

>積みプラ成仏作業ですね。
>レベルのファイターシリーズ、懐かしいです。

手に入れてからずっと気になっていたキットです。
これが発売されてた当時はなぜか全く興味もなかったんですけどね(笑)

>フィギュアはこのコクピットだと入れざるを得ないですね。

シートがちょこんとあるだけなので入れざるを得ないですね。
幸いまぁまぁマトモなフィギュアだったので助かりました。

>50年前のキットとは思えないほどピッタリ決まりますね。
>国内メーカーであまり良いキットが無かったときに、レベルのキットはとても嬉しかったですね。
>海外メーカーキットが安価で入手できたのも嬉しかったです。

意外に合いが良いので驚いてます。
このファイターシリーズで当時作ったのは少なくて、P-39とバッファロー、あとは第一次大戦機シリーズのキャメルくらいです。
もっと作っておけばよかったなぁと後悔してます。

>ジグは使い物になりませんですた。(^^;)

やっぱり(笑)

>我が家にも「アルバトロス」が2機積んであるので、そのうち成仏させてあげましょう。(^^)
>先ほど1/72の飛行機の箱を開けました。
>コンプリートさせようと、「大人買い」した機体です。(^^;)

アルバトロス是非作りましょう。
飛行機は何でしょう?
コンプリートというと、あれかな?(笑)
2020年07月30日 12:52
ヒロシ殿、こんにちは。こちらはもうそろそろ梅雨明け間近だと思います。昨日あたりから夏空が広がり暑さも増して来ました。いよいよ夏本番です。

レベルの PZL P-11c、懐かしいですね。中学生だった頃に100円で買ったのを作った事があります。塗装を始めた頃に練習用にと買ったもので、まだ飛行機の知識なんて持ち合わせていませんでした。レベルカラーのライトブルーとカーキを筆塗りし、デカールを貼ってハイ!完成!!って感じでしたが、久々に貴殿の製作記に登場したのを拝見し、懐かしさのあまりコメントさせて頂きました。当然のことながら、今は影も形もありません。その当時100円だったキットが、令和の時代にどのように完成するのか、たいへん楽しみです。世界地図がモールドされたスタンドが何とも懐かしい!
ヒロシ
2020年07月30日 14:19
0-sen(零銭)殿、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。

>ヒロシ殿、こんにちは。こちらはもうそろそろ梅雨明け間近だと思います。昨日あたりから夏空が広がり暑さも増して来ました。いよいよ夏本番です。

関東も天気予報では今度の日曜日辺りから晴れの日が続くようで、やっと梅雨明けになりそうです。

>レベルの PZL P-11c、懐かしいですね。中学生だった頃に100円で買ったのを作った事があります。塗装を始めた頃に練習用にと買ったもので、まだ飛行機の知識なんて持ち合わせていませんでした。レベルカラーのライトブルーとカーキを筆塗りし、デカールを貼ってハイ!完成!!って感じでしたが、久々に貴殿の製作記に登場したのを拝見し、懐かしさのあまりコメントさせて頂きました。当然のことながら、今は影も形もありません。その当時100円だったキットが、令和の時代にどのように完成するのか、たいへん楽しみです。世界地図がモールドされたスタンドが何とも懐かしい!

古いキットですが、思ったより合いが良いのには感心しました。
私も当時作ったバッファローは現存してませんが、MA誌の工作ガイド(確かエアフィックスとレベルとマッチのライバル登場だったかと)を見ながら作ったのを懐かしく思います。
昔は組み立てて筆で色塗って、デカール貼って、ハイ!完成‼って感じで作ってましたが楽しくて満足感もありましたね。
今回はあまり手を入れずに(でも最低限はしますが)サクッと完成させるのが目的ですが、どんな風になるか私も楽しみです。
あきみず
2020年07月30日 20:49
私も当時の発売時は、全くスルーしていました。今になって
買っておけばと思っています。レベルのファイターシリーズは
日本機、WW1を除いて殆ど作ったのに知名度がなかったからでしょう
PZL P-11のキットは当時として良い出来ですね 
これからの展開がどうなるのでしょう。
ヒロシ
2020年07月31日 00:27
あきみずさん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

>私も当時の発売時は、全くスルーしていました。今になって
>買っておけばと思っています。レベルのファイターシリーズは
>日本機、WW1を除いて殆ど作ったのに知名度がなかったからでしょう

確かに知名度はなかったですね。
でも最近は自国のポーランドや東欧のメーカーから出ているので、向こうではポピュラーな機体なんでしょう。

>PZL P-11のキットは当時として良い出来ですね 
>これからの展開がどうなるのでしょう。

思ったより出来が良いので作っていて楽しいです。
IBGのキットを手本にちょっとだけ手を加えようかと思ってます。