レベル1/72 PZL P-11c その3

レベルのPZLは240ZGの合間にユルユルとやっています(笑)

前回黒サフを吹いたので、まずは下面のライトブルーを塗装しました。
P8020002.JPG
キットの塗装指示はレベルカラー(懐かしい!)のライトブルー(20番)ですが、IBGの塗装指示を見るとMr.カラーだとRLM65(115番)なのでそれで塗りました。

翼はコルゲート面で凸凹凸凹しているので、一方向からの吹付けだとうまく色が乗りません。
なので左右からまんべんなく吹かないとダメなんです。

ライブルーが塗れたので今度は上面や胴体塗装のために翼下面をマスキングします。
P8020008.JPG

機体色の指示は同じくレベルカラーのダークグリーン(23番)になってますが、IBGではカーキ(55番)なので、これも最新の考証の色にします。
55番はつや消しなので、デカール貼りを考慮してクリアーを入れて艶を上げておきましたが、思ったより艶ありになりませんでした(^^;
ま、いいけど
P8030012.JPG

支柱の裏面などは吹付けだとどうしても色が乗らないので、ここは後から筆塗りでタッチアップしました。
もちろん機体以外のスピンナーやエンジンの前面カバーなども一緒に塗りました。

とりあえず今回はここまでです。

でわ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年08月04日 10:06
こんにちは。(^^)/

塗装に入りましたね。
主翼、尾翼共に「コルゲート面」なので塗装が面倒な感じですね。
主翼上面の色合いが良い感じです。

デカール馴染ませるのが大変そうですが、頑張って下さい。
ヒロシ
2020年08月04日 10:32
日の丸航空隊さん、こんにちは。

>塗装に入りましたね。
>主翼、尾翼共に「コルゲート面」なので塗装が面倒な感じですね。
>主翼上面の色合いが良い感じです。

Zの合間にやってるのです済が遅いですが、とりあえずは終わりました。

>デカール馴染ませるのが大変そうですが、頑張って下さい。

国旗マークはエレールのを使いますが上手く馴染んでくれることを祈ります。
2020年08月04日 13:46
塗装完了ですね。
下面から見たスタイルは、トンボに見えてしまいますね。😊
私が作った若かりし頃は、レベルカラーの指定色で塗装しましたが、IBGの塗装指示で塗装したのとではやはり雰囲気が違いますね。当時は20番ライトブルーしか存在しなったですしね。ポリカルポフI-16も20番で塗装しましたが、最近は20番って殆ど使わなくなってしまいました。(K-12を作った時の調合用に使用した程度です。)
次はデカール貼りで、完成間近となりそうですね。
ヒロシ
2020年08月04日 14:32
0-sen(零銭)殿、こんにちは。
>
>塗装完了ですね。
>下面から見たスタイルは、トンボに見えてしまいますね。😊

本当にトンボみたいで可愛いです(笑)

>私が作った若かりし頃は、レベルカラーの指定色で塗装しましたが、IBGの塗装指示で塗装したのとではやはり雰囲気が違いますね。当時は20番ライトブルーしか存在しなったですしね。ポリカルポフI-16も20番で塗装しましたが、最近は20番って殆ど使わなくなってしまいました。(K-12を作った時の調合用に使用した程度です。)

仰る通り昔はドイツ機の下面といえば20番でした。
最近はソビエト機の下面で時々使うくらいでしょうか。
でも20番はめったに使わないし、今持っているのも相当昔に買ったものです(笑)
模型メーカーによっても塗装色の指示が番うことがあるのでややこしいですね。

>次はデカール貼りで、完成間近となりそうですね。

デカールがこの凹凸にちゃんと馴染んでくれればいいんですが…
あきみず
2020年08月04日 20:56
翼の凹凸が塗装の一方向からでは上手く乗らなのいのも、こまりますね。
指定色が明確に指示されていると、安心して色を決められます
このキットが50年ほど前のキットとは思えないです
ヒロシ
2020年08月04日 23:33
あきみずさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

>翼の凹凸が塗装の一方向からでは上手く乗らなのいのも、こまりますね。

筆塗りならそういうことはないのでしょうけど、吹付だと凹凸が影響します。

>指定色が明確に指示されていると、安心して色を決められます
>このキットが50年ほど前のキットとは思えないです

今回はレベルではなくIBGモデルスの塗装指示を参考にしています。
確かに50年ほど前というのは信じられないですね。