レベル1/48 スピリットオブセントルイス号を作る③

いよいよ塗装に着手しますが、その前に機首部のうろこ模様の再現について。

ハセガワのうろこ研磨フィニュッシュを一部分だけ貼ってみたんですが・・・
P1110043.JPG

やはりダメですね~
これじゃ全然うろこが分かりません
何か他の方法を考えますわ。

幾つか方法は頭に浮かんでいるので後で試してみます。

で、工程が前後しますが、この機首部分はうろこパネルの分割ラインが入ってません。
デカールがそのパネルごとに分かれているので、それを使えばパネルラインも勝手に再現されるという具合になってます。
しかし少なくとも今の段階ではデカールは使わない方向なので、パネルラインをスジ彫っておきました。

胴体にまずセットしてラインの位置を割り出しました。
P1110039.JPG


サイド面
P1110040.JPG


下側
P1110041.JPG


P1110042.JPG


とりあえず機首部分は置いといて機体の方の塗装を始めましょう。
まずは全体にサフを吹いて下地をチェックしましたが、主翼裏側の後縁付近の接合部の処理に甘いところがあったのでサンディングして修整しました。
そしてウイノーブラックを全体に塗装しました。
P1140061.JPG


次に主翼の文字を塗装で仕上げるため、デカールを型紙にしてビニールのマスクシートを使って型紙を作ります。

百均のクリアファイルにデカールを入れ、その上からマスクシートを貼ります。
クリアファイルの表面は予め#80~180番位のサンドペーパーですりガラス状にしておきます。
でないと、切り抜いたマスクシートが簡単に剥がれなくなります。
P1130051.JPG


今回の文字は全て直線基調なので定規を当てながらカッターで切れ目をいれ、文字だけを残して周りは剥がします。 
P1130052.JPG


残った文字に新しいマスクシートを貼り付けてクリアファイルから剥がします。
P1130053.JPG


そしてそれを主翼に貼りつけます。
P1130054.JPG


台紙代わりのマスクシートを取ればOK
P1130055.JPG


裏面も同様に貼りますが、ここは凸モールドのラインがありちょっと浮いていますんで、クリアーを軽く吹いておきます。
P1130058.JPG


そしてシルバーを塗ります。
塗料はMr.カラーの8番にクールホワイトを少量混ぜて、さらに剥がれ防止のためクリアーも少量入れたアルミっぽくしたシルバーです。
P1140079.JPG


文字のマスキングを剥がしました。
若干沁み込んだところがありますが上手くいきました。
P1140081.JPG


P1140080.JPG


P1140084.JPG



小物の工作も進めます。
まずはプロペラですが、かなり厚ぼったいです。
P1140072.JPG


P1140071.JPG


#240番のサンペでガシガシ削って薄くシャープにしますた。
P1140075.JPG


左側が修整前
P1140077.JPG


修正後
P1140076.JPG


それから胴体上部にある発電機?ジェネレーター?用の風車のお椀状の部分を0.9mmのドリルで揉んで凹状にしました。
P1140063.JPG


ピトー管は先端が二股になっていますがここを金属化します。
0.4mmの真鍮線2本をハンダ付けしました。
P1140065.JPG


キットのピトー管と比べてみてください。
シャープでしょ
P1140066.JPG


パーツを途中でカットして穴を開け、真鍮線の差し込む方は1本にして曲げておきます。
P1140067.JPG


差し込んだらイージーサンディングを盛りつけて整形します。
P1140070.JPG


黒サフを吹きました。
このあと機体色と同じシルバーで塗りました。
P1140073.JPG


さて、問題のうろこ模様の再現ですが・・・
メタルックとは違うんですが、グッスマの同じような素材(メタルックより少し厚みがあって丈夫です)に、電動消しゴムに砂消しの先端を少し細くしたものを装着して模様を付けてみました。
P1150087.JPG


どうでしょうか?
現状ではこの方法が良いかなと思いますが、スピンナーに貼るのがちょっと難しいのがネックです。
P1150086.JPG

でも何とかこの方法でトライしてみましょう。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 日の丸航空隊

    こんにちは。(^^)
    セントルイス号の塗装とカウリング制作ですね。
    主翼の文字も綺麗に入りましたね。
    ビニールのマスキングテープは切り口が「毛羽立たない」のでシャープですね。
    これは、薄手のビニールテープでしょうか?

    ピトー管も金属化したことによってシャープ且つ丈夫になりましたね。

    カウリングの「うろこ」も良い感じに跡がつきましたね。
    スピンナーが問題ですね。
    2021年01月15日 10:05
  • ヒロシ

    日の丸航空隊さん、こんにちは。

    >セントルイス号の塗装とカウリング制作ですね。
    >主翼の文字も綺麗に入りましたね。
    >ビニールのマスキングテープは切り口が「毛羽立たない」のでシャープですね。
    >これは、薄手のビニールテープでしょうか?

    これは所謂金属板の保護のために貼る低粘着のテープです。
    モノタロウとかで扱っていると思いますよ。

    >ピトー管も金属化したことによってシャープ且つ丈夫になりましたね。

    ピトー管は二股になっているのでどう再現しようか頭をひねりました(笑)
    シャープになって強度もアップしたので満足です。

    >カウリングの「うろこ」も良い感じに跡がつきましたね。
    >スピンナーが問題ですね。

    試しにやってみたらまずまず「ぽい」のができました。
    まずは模様を付けてから貼ったんですが、スピンナーはどうするか・・・
    いい考えが浮かびません(^^;
    2021年01月15日 13:57