タミヤ1/12 ルノーRE20ターボ制作記#7

皆さん、こんばんは。
いや~暖かい日が続きますなぁ~

さて、メンターも完成したのでルノーに戻りますよ。

前回リアの足回りが大方出来たので次はフロントです。

フロントのディスクローターとキャリパーもリア同様に真鍮線で軸打ちして取り付けます。
P3310016.JPG


ブレーキダクトを付ければ完成。
P4010007.JPG


アッパーアームのタイロッド?にはそれっぽい丸状のモールドがありましたが、ここはアドラーズネストの六角リベットを埋め込みました。
P4010009.JPG


P4010008.JPG


そしてサスペンションアーム(ロワアーム)をビスで取り付けました。
P4030015.JPG

これでシャーシの方には付けられるんですが、カウルパネルを付けないと取付できません。
しかしこのカウルパネルは、ボディカウルやリアウィングと一緒に塗装してウレタンクリアーでコートする予定なので、ひとまずこのまま置いておきます。

さてシートですが・・・
ショルダー左右辺りにかなり目立つヒケが生じてます。
P4010003.JPG


P4010004.JPG


ヒケはタミヤのラッカーパテで埋めて蝉グロスブラックで塗装しました。
P4030010.JPG


P4030011.JPG

このシートとステアリングはドライバーによって色が違うそうで、ゼッケン16番のアルヌーの場合はシートが黒、ステアリングのグリップ部はブラウンだそうです(MA誌に書いてありますた)

コクピット後ろのバルクヘッドには長細いタンクが付きます。
で、このタンクにはホースをつなげるようなピンが出ているものの、組説にはホースを付ける工程がありません。
P4030012.JPG


しかし実車写真を見てみると、ハッキリした写真がないものの何やらホースが出ているように見えます。
そこでとりあえずピンは切除して、あとでレジン製のホースでも付けようかと思います。
P4030013.JPG


またミッションの上にタンクがあるんですが、留めているベルトのモールドは切除して洋白帯板で作り替えようと思います。
P4010001.JPG


P4030014.JPG


塗装指示はフラットアルミになっていますが、実車はアルミのバフ掛けのような感じでピカピカなので、Mr.カラーのスーパークロームシルバー2で塗ってみました。
P4040031.JPG


ラジエターはスーパーファインシルバーで塗り、コアの部分は墨入れしました。
P4040029.JPG


結局悪捨てうぉ~んのエッチングは大きすぎだったので使いませんでした。
まぁ、エッチングを使わなくても十分じゃね?(笑)
P4040030.JPG


次はいよいよエンジンの制作です。
まずはカムカバーですが、まずはサフを吹いたあとにウイノーブラックを塗ります。
P4030016.JPG


次にシルバーを吹きます。
シルバーはスーパークロームシルバー2を使用しました。
P4030017.JPG


そしてブルーなんですが、組説の指示はロイヤルブルー(エナメル)になっているものの明らかに濃すぎます。
これは実車写真を見ると明らかで、見た目はメタリックブルーのように見えます。
多分アルミなどの金属の上に半透明なブルーを塗っているんだと思います。
そこでカムカバーを含め、その他のブルーで塗るパーツはエナメルのメタリックブルーを使用しました。
P4040018.JPG


P4040019.JPG


カムカバーの切削部のシルバーを再現するため、エナメルシンナーを含ませた綿棒でふき取ります。
P4040020.JPG


また、カムカバーのボルトは六角穴付きボルトみたいなので、0.35mmのドリルで穴を彫ってそれっぽくしました。
P4040021.JPG


てなわけでエンジン本体が出来ました。
P4040026.JPG


P4040023.JPG


裏面は完成すると全く見えませんが、この通りの再現度!
P4040024.JPG


P4040025.JPG


下の方についている補器類のホースジョイントは、トップスタジオのレジンパーツにしました。
P4040022.JPG


まだまだエンジン組み立ては続きます。

ところでメッキパーツはメッキを落としました。
ウィングとホイールのクロームメッキパーツはハセガワのメッキ落とし剤で。
何とメッキが落ちたら半透明のパーツですた
P4040028.JPG


アルミ調のメッキパーツはキッチンハイターで。
P4040027.JPG


今回はここまで。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • 日の丸航空隊

    おはようございます。(^^)
    フロントの足回りとエンジンですね。
    フロントのブレーキキャリパーも、軸打ちしたことによって、補強ができましたね。
    エンジンのD・UPは配管などの作業が残っているんですね。
    ヘッドカバーのクリアブルーとプラグコードのイエローがぴったりマッチしていて良いですね。
    デスビからのコードも1/12だからこそできるコードカバーまで付いていて、雰囲気でています。

    ウィングやホイールの素材は、半透明のプラなんですね。
    面白い使い方です。
    表面の荒れが少ないのかな?
    2021年04月05日 07:19
  • オートビルダーS

    おはようございます。
    着々と進んでますね。
    プラモデルというよりも何か本物の機械を作っているように見えます(^^)
    今回一番の着目はスーパークロームシルバーです。
    本物の金属地のようですね。私も買おう(笑)
    エンジンもカッコよくてニヤニヤが止まりませんね!
    2021年04月05日 08:46
  • ヒロシ

    日の丸航空隊さん、おはようございます。

    >フロントの足回りとエンジンですね。
    >フロントのブレーキキャリパーも、軸打ちしたことによって、補強ができましたね。

    ここは軸打ちしないと確実にポロリします(笑)

    >エンジンのD・UPは配管などの作業が残っているんですね。

    キット付属のパイプでは太すぎるのもあるので、その材料選定に時間掛かってます(^^;

    >ヘッドカバーのクリアブルーとプラグコードのイエローがぴったりマッチしていて良いですね。
    >デスビからのコードも1/12だからこそできるコードカバーまで付いていて、雰囲気でています。

    プラグコードは実車ではもう少し細いようですが、ちょうどいいのが無かったのでキットのを使ってます。
    コードカバーはキットのホース(細)を利用しました。

    >ウィングやホイールの素材は、半透明のプラなんですね。
    >面白い使い方です。
    >表面の荒れが少ないのかな?

    なんなんでしょうね?
    普通は白とか黒が多いんですけど(笑)
    2021年04月05日 09:49
  • ヒロシ

    オートビルダーSさん、おはようございます。

    >着々と進んでますね。
    >プラモデルというよりも何か本物の機械を作っているように見えます(^^)

    NAエンジンと違ってターボなので補器類が多いですね。
    作っていても面白いです。

    >今回一番の着目はスーパークロームシルバーです。
    >本物の金属地のようですね。私も買おう(笑)

    スーパークロームシルバーは旧瓶をかなり前に使い切っていたので、先日模型店へ行った時に仕入れてきました。
    試しに使ってみましたが、下地の黒をツルピカにするとかなりい感じになりますよ。

    >エンジンもカッコよくてニヤニヤが止まりませんね!

    エンジンはまだまだパーツが付きます。
    早くエンジン完成させたい!(笑)
    2021年04月05日 09:55