タミヤ1/12 ルノーRE20ターボ制作記#1

さぁ、いよいよ制作開始です。

暫くは各セクションの制作で、車の形が出てこないのでつまらないかもしれませんが(私もつまらないっす)よろしくです。

まずはフロントサスペンション周りの組み立てです。

これはモノコックの中に入るサスペンションやステアリングギアボックスのフレーム。
組んでしまえば目立たないとは思いますが、押しピン跡が凹になっているが結構目立つので埋めることにしました。
P3040001.JPG


アッパーアームは裏面を接着するんですが、接着面が荒れていて密着しないのでペーパーで均しました。
P3040003.JPG


P3040004.JPG


さらに裏面になるのであまり目立たないとはいえ、すき間や段差が目立つのでパテで修整しました。
P3050002.JPG


フレームなどの塗装指示は「フラットアルミ」になっていますが、タミヤラッカーのアルミシルバーで塗装し、ステアリングギアボックスも組んで塗装して仮組みしてみました。
P3060008.JPG


しかしこのシルバーがなんか気に入らないんですよね~
もうちょっと金属感が欲しいなぁと思い、Mr.スーパーメタリックカラーの「スーパーステンレス」を上から塗ってみました。

の写真より明るさが違って感じが分かりづらいですが、最初のアルミシルバーよりも金属感が出たのでこれでいこうと思います。
P3060010.JPG


アッパーアームとダンパースプリングも組んでみました。
P3060012.JPG


P3060001.JPG



さて、この先は色々パーツを組み込む関係でモノコックシャーシを塗装してからでないと先へ進めません。
両側面の半分くらいをボディカラーのイエローに塗り、後半部分は蝉グロスブラックに塗り分けます。
P3070002.JPG


まずはイエローから塗るため、サフを吹いた後ファンデーションクリームを吹きました。
P3070009.JPG


続いてイエローを。
キットの塗装指示はタミヤスプレーカラーのイエロー(TS16)ですが、今回はMr.カラーのキアライエローを使うことにしました。
実車のイエローって結構明るいイエローなので、Mr.カラーなら4番のイエローか、キアライエローが合うと思いますが、隠ぺい力や艶がよりあるキアライエローにしました。
P3070018.JPG

このあとクリアーを3回ほど吹き重ねて十分乾燥させ、マスキングして蝉グロスブラックを塗装します。

シャーシを塗装中なので、別のところを進めましょう。

リアウィングは翼端版とベースが一体になっている特徴的な形状で、これを再現するためパーツは4分割になっています。
P3070001.JPG


ただ数ヵ所すき間やギャップが生じるので、貼り合わせる際にプラペーパーを入れて嵩上げしたり、すき間にプラペーパーを入れました。
P3060005.JPG


P3060006.JPG


P3060007.JPG


P3060008 (1).JPG


サンディングしました。
すき間は埋まりましたが、この後継ぎ目を消す処理が必要ですね。
P3070011.JPG


P3070012.JPG


ここも結構なギャップとすき間が。
P3070013.JPG


仮にウィングを付けてみると、押しピン跡の凹がウィングを付けても隠れず目立ちますね。
P3070014.JPG


ウィング自体にも押しピン跡が・・・
これはどっちみちメッキを落とすのでその時に修正します。
P3070016.JPG


ちなみにこのウィングだけでどれだけ大きいか、1/20のベネトンと比べてみました。
P3070015.JPG

デカいでしょ

ということで今回はここまでです。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 日の丸航空隊

    こんにちは。(^^)
    ルノー始まりですね。
    大きなキットだけに、押し出しピン跡や、隙間、ヒケ等はやはり大きくなってますね。
    1/12だと誤魔化しが効かないので、処理の時間もかなり掛かりそうですね。
    それにしても、ウィングだけで1/20の車と同じくらいな大きさなのには改めて驚きました。(^^)
    2021年03月07日 16:41
  • ヒロシ

    日の丸航空隊さん、こんばんは。

    >ルノー始まりですね。
    >大きなキットだけに、押し出しピン跡や、隙間、ヒケ等はやはり大きくなってますね。
    >1/12だと誤魔化しが効かないので、処理の時間もかなり掛かりそうですね。

    そうなんです。
    スケールが大きいだけに、押しピン跡やすき間や段差などすべてが大きいです。
    一つ一つ処理していくしかないですね。

    >それにしても、ウィングだけで1/20の車と同じくらいな大きさなのには改めて驚きました。(^^)

    単体だと大きさが分かり辛いと思い、ベネトンと並べてみました(笑)
    2021年03月07日 21:04
  • オートビルダーS

    おはようございます。
    F1の製作は普通のクルマとは全然違うんですねえ。
    ボディカラーを塗りながら組んでいかないといけないんですね。各部を組み上げていって最後に形になるんですね。よく分かりませんが、本物のレーシングカーを作っているみたいです。
    メカパーツはスーパーステンレスに変更したことで、存在感が出てカッコいいと思います(^^)
    2021年03月08日 09:32
  • ヒロシ

    オートビルダーSさん、おはようございます。

    >F1の製作は普通のクルマとは全然違うんですねえ。
    >ボディカラーを塗りながら組んでいかないといけないんですね。各部を組み上げていって最後に形になるんですね。よく分かりませんが、本物のレーシングカーを作っているみたいです。

    そう言われればそうですね(笑)
    これは1/20なんかでも同じで、シャーシやカウルの塗装を先に済ませておかないと足回りのパーツとかが組めません。

    >メカパーツはスーパーステンレスに変更したことで、存在感が出てカッコいいと思います(^^)

    今回はサフの上に直接吹いているので少しギラつきが抑えられていい塩梅になったかなと思います。
    通常はグロスブラックの上に塗るともっとステンレスっぽくなるんです。
    メタリックカラーは下地でコントロールできるので面白いですね。
    2021年03月08日 09:43
  • 腹ペコ山男

    40 周年記念のビッグキット製作!大型キットはついつい手を入れてしまい、完成が遠のいてしまいますので、取捨選択が肝ですね。1/12スケールは迫力ありそうです。
    2021年03月10日 14:33
  • ヒロシ

    腹ペコ山男さん、こんにちは。

    >40 周年記念のビッグキット製作!大型キットはついつい手を入れてしまい、完成が遠のいてしまいますので、取捨選択が肝ですね。1/12スケールは迫力ありそうです。

    実は資料があまりないので、手を入れたくてもあまり入れられないという…
    70年代のマシンに比べるとサスペンションなどの構造が簡素ですし、エンジンもV6ターボでコンパクトですが、ターボやインタークーラーの補器類で密度感があって、あまり手を入れなくても見栄えは良さそうです。
    2021年03月10日 14:55