タミヤ1/12 ルノーRE20ターボ制作記#8

皆さん、こんにちは。

このルノーの記事のお題がずっと「タミヤ/12 ルノーRE20ターボ制作記#〇」になってました。

え?何が変かって?
よく見ると本来1/12とするところが/12になってました~恥ずかすぃ~

実は毎回お題はコピーして貼り付け、数字だけ書き換えてたんです。
ということで最初の#0から修正しました

では本題
エンジン関係の工作を続けます。

フューエルパイプとインジェクションパイプは付属の透明パイプを使用するようになってますが、各気筒に行くインジェクションパイプはもっと細いようです。
P4060004.JPG

また色もはっきりとは分かりませんが透明ではなくクリーム色っぽいです。
そこで手持ちのコードを探したんですがそういうのは無く、またヒロのHPでクリーム色のホースを探したんですが、出ているのはφ0.4mmとかなり細すぎ・・・

そこで実車とは違いますが、手持ちのヒロから出ている1/12用のクリアーブラウンのチューブにするため、インジェクションポンプの差込みピンをΦ0.5mmの洋白線に替えました。
P4040002.JPG


クリアーブラウンのチューブをセット
P4060003.JPG


んが!なんか違う!

やっぱり違和感が・・・

70年代のフォードエンジンならこのチューブで良いと思うんですが、80年代のターボエンジンだとなんか似つかわしくありません。

そこで思い切ってキットのアルミメッキされていたパーツのランナーが白っぽい乳白色だったので、それを伸ばしランナーでちょうどいい太さにしてアイボリーホワイトで塗ってセットしてみました。
P4060007.JPG


せっかく埋め込んだ洋白線は抜いて、φ0.6mmで穴を少し大きくして差し込みました。
またプラグコードもヘッドカバーに差し込んでセットしました。
P4060008.JPG


まぁ、こっちの方がしっくりくるかな

さて、エンジン前面に付くベルトとギアの塗り分けです。
これがまたかなり厄介(^^;

ギアはMr.カラーのスーパーアイアンを吹いてベルトは筆塗り、またはその逆というのも考えたんですが、ここはマスキングして吹くことにしました。
ギアの刃のところは一個一個カットしました。
P4060009.JPG


フラットブラックを吹きました。
マスキング1時間半、塗装10分(笑)
P4070012.JPG


マスキングを取ると、なんとか見れる程度にできました。
多少ズレたりしているところがありますが、後でタッチアップします。
P4070013.JPG


P4070015.JPG


P4070014.JPG


エンジン上部に付くチャンバー?は貼りわせてみると、溶接跡のモールドがかなりズレてます
合わせ目の処理をすると当然このモールドは消えてしまうんですが、左右のズレをどうごまかして上手く繋げ、また溶接跡をどう再現するかが問題です。
P4070010.JPG


ということで今回はここまで。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • 日の丸航空隊

    こんにちは。(^^)
    インジェクションパイプは、ランナーで上手く加工できたみたいですね。
    MFHのパイピングコードも品揃えにバラツキが出ていて、なかなか狙った物が手に入らないですね。
    タイミングベルトは、面倒でもエアブラシで塗装した方が良いですね。
    959も同じようにして塗装してあります。

    チャンバーは「溶接跡」を一旦均しちゃって、ランナーを巻いて溶かしてみたらどうでしょう。
    AFVの「溶接跡」作りみたいに、ランナーを流し込み接着剤で溶かして、ナイフの峰で溶接っぽくしていくやつです。(^^)

    って書き込んでいたら、ヘッドライトレンズが届きますた~。(^^)/
    2021年04月07日 13:08
  • ヒロシ

    日の丸航空隊さん、こんにちは。

    >インジェクションパイプは、ランナーで上手く加工できたみたいですね。
    >MFHのパイピングコードも品揃えにバラツキが出ていて、なかなか狙った物が手に入らないですね。

    伸ばしランナーだとちょっと固いんですが、付ける前に指でしごいてアールを付けながらセットしました。
    MFHのパイプはサイズがもっとたくさんあったらいいんですけどね。

    >タイミングベルトは、面倒でもエアブラシで塗装した方が良いですね。
    >959も同じようにして塗装してあります。

    エンジンの中でこれが一番厄介な塗装で、やる前から憂鬱でした(笑)

    >チャンバーは「溶接跡」を一旦均しちゃって、ランナーを巻いて溶かしてみたらどうでしょう。
    >AFVの「溶接跡」作りみたいに、ランナーを流し込み接着剤で溶かして、ナイフの峰で溶接っぽくしていくやつです。(^^)

    溶接跡のモールドはこれ以外に長手方向もあるんです。
    仰る通り一旦すべて削り落として作り直すのも良いかもしれませんね。

    >って書き込んでいたら、ヘッドライトレンズが届きますた~。(^^)/

    ヘッドライトがんばってくださ~い!(^-^)
    2021年04月07日 13:46
  • オートビルダーS

    おはようございます。
    エンジンはコードやチューブの配線で、リアル度がグッと増しますね。
    伸ばしランナーのインジェクションパイプ、ナイスアイデアですね。
    ギヤ歯車部のマスキング、お疲れ様でした(^^)
    2021年04月08日 09:19
  • ヒロシ

    オートビルダーSさん、こんにちは。

    >エンジンはコードやチューブの配線で、リアル度がグッと増しますね。

    こういうところが大スケールの醍醐味ですね。
    車体にエンジンを付けてからはまだまだ配線などを追加予定です。

    >伸ばしランナーのインジェクションパイプ、ナイスアイデアですね。
    >ギヤ歯車部のマスキング、お疲れ様でした(^^)

    インジェクションパイプはかなり悩みました。
    完成するとあまり見ないんですが、やっぱり拘りたくて(笑)
    タイミングベルトも完成するとあまり見えなくなるんですけどね(^^;
    2021年04月08日 15:52
  • 120sec

    ヒロシさん、こんにちは!!
    やはり1/12のエンジンってすごくリアルですね!
    エンジンを作るだけでも楽しいかも。
    ちなみにエンジンやマフラーの溶接跡ってパーティングラインとどう見分けるのでしょう??
    溶接跡にパーティングラインをもってきているのかな??
    2021年04月09日 15:00
  • ヒロシ

    120secさん、こんにちは!

    >やはり1/12のエンジンってすごくリアルですね!
    >エンジンを作るだけでも楽しいかも。

    そうそう、エンジンだけでも楽しいっす(笑)

    >ちなみにエンジンやマフラーの溶接跡ってパーティングラインとどう見分けるのでしょう??
    >溶接跡にパーティングラインをもってきているのかな??

    メッキをとしたので見えにくいですが、溶接跡はちゃんとそれっぽいモールドになっています。
    次の#9にはサフを吹いた画像がありますので、それの方が分かりやすいかもしれません。
    2021年04月09日 15:40