模型制作代行引き受けます。詳細は近日!

M.F.H1/24 フェラーリ250 テスタロッサ '58制作記 #4

皆さん、こんばんは。
今日は暑かったですね~

車に付いている外気温時計で見たら41℃!ですた
仕事で倉庫の中にプレハブの倉庫を作っていて、その電気工事だったんですが汗が噴き出してきて大変ですた。
明日も暑いみたいなので気を付けましょう。

さて、Me410ホルニッセを優先して制作していたため、ちょっと放置していましたが完成したので再開しますよ。

まずはボディのダクトの改修の続きです。
サンディングして大体こんな形状になりますた。
ま、実車通りとはいきませんが、だいたいこんな感じでしょう。
P8100010.JPG


P8100009.JPG

問題は塗装ですね・・・

これ、メタルのフェンダーをボディに接着し、ダクトのところの継ぎ目を消さなきゃいけないんですが、そうすると塗装の際中の方まで塗料が入りそうもありません。
中とメタルパーツのダクトの裏部分を塗装してから接着?
面倒ですなぁ・・・
でも何か方法考えないと・・・

で、前回の続きで車高などを確認、及び調整をするためホイールとタイヤを組みました。

ホイールはエッチングを重ねてアルミのリムで挟むという一般的な方式です。
P8090002.JPG


エッチングパーツとアルミの挽き物のリム。
P8090003.JPG


タイヤ
タイヤは前後で幅が異なっており、前輪はトランクに入るスペアを含めて3個あります。
P7110039.JPG


早速前輪から組みます。
スポークの位置が決まっているため、エッチングの外周に印として半丸の切り欠きがあり、それを揃えるように重ねます。
P8090004.JPG


これをリムで挟むわけですが、この切り欠きが動かないようにするための凸部などはありません。
そこでリムにドリルで揉んで印をつけ、そこに揃えるようにしました。
P8090010.JPG


P8090011.JPG


とはいえ、印を入れただけなのでここに合わせてズレないようにしながら組まないといけません。
内側の6番と5番のエッチングはただ重なるだけなので、数ヶ所瞬着で固定しました。
P8090012.JPG


で、なんとか組めました。
P8090005.JPG


まずは前輪のホイールが組めたのでタイヤを嵌めました。
写真には2個しかありませんが、スペアを含めて3個作りましたよ。

P8100013.JPG


続けて後輪も
P8100001.JPG


ちょっとスポークの位置がズレたような気がします、気がするだけです(笑)
P8100002.JPG


さて、これでタイヤをつければ車高などが確認できますが、付ける前からアレ?と感じたのが右前輪のナックルアーム取付け部。
少しポジキャン状態になってます。
ブロックを当ててみるとはっきり分かります。
P8090006.JPG


反対側の左前輪はほぼ垂直。
P8090007.JPG


そこでどこを調整すればいいのか調べた結果、どうやら下側のビス留めのところでずらすのが一番簡単のようです。
穴を楕円にしてずらせるようにしました。
P8090008.JPG


これでほぼ垂直になりました。
P8090009.JPG


つぎにドラムブレーキのパーツを仮付け
P8100003.JPG


P8100004.JPG


タイヤを付けてみました。
P8100005.JPG


基本的に4輪とも接地しますし、前後の車高もまずまずですね。
P8100008.JPG


P8100006.JPG


P8100007.JPG


ちょっと前輪のトレッドが広すぎる感じがしますが、これを修正するのはかなり難しいです。
また最終的に組むときはホイールのシャフトやドラムブレーキの付き方を調整すればもう少しどうにかなるかと思います。

これでまずはシャーシの塗装に入れそうです。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

オートビルダーS
2021年08月11日 08:23
おはようございます。
私も現場作業のある仕事をしていますが、基本的に屋外作業です。
直射日光のもとでの作業も大変ですが、エアコンのない屋内作業も過酷そうですね(^^;
テスタロッサの再開ですね。
ホイールは挽物とエッチングで、プラ素材では出せないリアル感がありますね。
車高もバッチリで、もうすでにカッコいいです(笑)
ヒロシ
2021年08月11日 08:31
オートビルダーSさん、おはようございます。

>私も現場作業のある仕事をしていますが、基本的に屋外作業です。
>直射日光のもとでの作業も大変ですが、エアコンのない屋内作業も過酷そうですね(^^;

一応現場用の扇風機があるので風は来るんですが、やはり暑いですね。
ABSさんも炎天下の下での作業大変ですね。
お互い熱中症対策して頑張りましょう。

>テスタロッサの再開ですね。
>ホイールは挽物とエッチングで、プラ素材では出せないリアル感がありますね。

久々にエッチングのワイヤーホイールを組みましたが、位置合わせが厄介でした(^^;

>車高もバッチリで、もうすでにカッコいいです(笑)

ありがとうございます。
車高はほぼ実車通りのようで安心しました。
昨晩からミッチャクロン➡サフと下拵えしてます。
2021年08月11日 10:38
テスタロッサ、再開ですね。(^^)/
毎日エアコンの効いた部屋で「のんべんだらり」とプラモ作ってます。(^^;)済みません。<(_ _)>
サイドのダクトの塗装が難しそうですね。
塗装が出来たとしても、研ぎ出しがやっかいですね。
ホイールは、プラ製とは違って、精密感タップリでかっこいいですね。
カッパ式のホイールとは違うんですね。

ナックルアームのポジキャン修正も、金属パーツだから出来る技ですね。
プラだったら、「ワヤクチャ」になりそう。(^^;)
ヒロシ
2021年08月11日 15:38
日の丸航空隊さん、こんにちは。

>テスタロッサ、再開ですね。(^^)/
>毎日エアコンの効いた部屋で「のんべんだらり」とプラモ作ってます。(^^;)済みません。<(_ _)>

エアコンの効いた部屋でのんべんだらりとプラモなんて、至上の幸せですね(笑)

>サイドのダクトの塗装が難しそうですね。
>塗装が出来たとしても、研ぎ出しがやっかいですね。

そうなんですよ~
ここは悩みどころです。

>ホイールは、プラ製とは違って、精密感タップリでかっこいいですね。
>カッパ式のホイールとは違うんですね。

カッパ式はフジミの250GTO用を持っていますので、そのうち作る予定です。

>ナックルアームのポジキャン修正も、金属パーツだから出来る技ですね。
>プラだったら、「ワヤクチャ」になりそう。(^^;)

下側はビス留めで上側は接着だったので、下側で調整しました。
簡単に修正できて良かったです。