模型制作代行引き受けます!

ウィングナットウィングス1/32 アルバトロスD.Ⅴ 制作記#7

塗装の続きです。

上翼中央にあるオイルクーラーもしくはラジエター?のようなものを塗り分けます。
因みにこのパーツですが、別パーツだったので翼に付ける前に塗っておけばマスキングする必要ありませんでした(^^;

まずはマスキング。
PA070027.JPG


コアの部分をタミヤのメタルブラックに塗ります。
PA070028.JPG


で、コアの部分をマスキングしてグレイグリーンを塗ります。
PA070029.JPG


ほい!出来上がり。
PA070030.JPG


次はリブのところを強調するため、リブのところだけ少し明るい色で塗ってからマスキングします。

ダークグリーンとライラックとも白、もしく明るめのグレーを少し混ぜて明度を上げたものをリブに沿って筆塗りします。
このとき濃く塗ってしまうと仕上がりがクッキリしすぎてしまいわざとらしくなってしまうので、ごく薄く溶いてかすかに色が乗るくらいに塗ると良いと思います。

そしてリブの部分を幅1.5mmほどの細切りマステでマスキングします。
裏面はそのままリブのところをマスキングします。
PA080002.JPG


PA080003.JPG


そしてマスキングが終わったらタミヤエナメルのスモークをリブと翼前縁を中心に吹きます。
まずは下翼から。
PA080004.JPG


マスキングを剥がしました。
PA080005.JPG


裏面はこんな感じになりますた。
PA080006.JPG


水平尾翼も同様に。
PA090007.JPG


PA090008.JPG


PA090009.JPG


上翼はデカールを貼ってから。
因みにデカールはカルトグラフで、貼り心地は凄く良いですよ。
PA090010.JPG


この部分は黒を筆塗りします。
PA090011.JPG


下翼と同じようにリブをマスキング。
PA090013.JPG


PA090014.JPG
  

マスキングを剥がしました。
エルロンはこの後スモークを吹いてバランスを整えました。
PA090017.JPG


PA090016.JPG


胴体の機首付近にある丸いパネルは、グレー気味の黒を吹いてアクセントを付けます。
PA090018.JPG


PA090019.JPG


ラダーは白なんですが、クールホワイトを軽く吹いたあと、キャラクターホワイトを吹いています。
PA090020.JPG


大きなデカールを貼り終えました。
胴体の花のマークはインパクトありますね。
PA090022.JPG


PA090021.JPG


あとは各所に数枚の小さなデカールを貼れば終了なので、最後にフラットクリアー吹けばOKです。

排気管をちょっとD.UPしましょう。
口が開いていないので凹状に穴を開けます。
使うのは主にこの二つ(ドリルはΦ1.2~1.5)
PA100006.JPG


まずは穴を開けて
PA100002.JPG


ここからデザインナイフやドリルを使って加工します。
PA100003.JPG


こんな風になりました。
PA100004.JPG


ルーターを使うという手もあるんですが、手が滑って削ってはいけないところを削ると修正が厄介なので使いませんでした。
PA100005.JPG


あとは艶調整のクリアーを吹いて張り線ですね。

今日もお付き合いいただきありがとうございました。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2021年10月10日 20:36
こんばんは。

リブのスモーク塗装が良いですね。(^^)
凹凸が強調されて、「ここにリブがあるよ。」ってすぐに解りますね。

デカールの発色も良くて、綺麗です。
大判デカールの貼り心地はいかがでしたか?

排気管も開口したことで、リアリティーが増しましたね。

残るは「ターンバックル」ですね。

頑張ってください。
原市場ハリマオ
2021年10月10日 21:22
ヒロシさん こんばんは(^^♪
上翼と下翼のリブの表現が素敵です
wwⅠの戦闘機好きには たまりませんね
この雰囲気(^^♪
胴体の 花の種類が気になります(^^)/
ヒロシ
2021年10月10日 23:37
日の丸航空隊さん、こんばんは。

>リブのスモーク塗装が良いですね。(^^)
>凹凸が強調されて、「ここにリブがあるよ。」ってすぐに解りますね。

ありがとうございます。
この塗装法はこの前のウィングナッツの本に載っていた方法です。

>デカールの発色も良くて、綺麗です。
>大判デカールの貼り心地はいかがでしたか?

カルトグラフなのでとても貼り心地良かったです(^-^)

>排気管も開口したことで、リアリティーが増しましたね。
>
>残るは「ターンバックル」ですね。

排気管は組説に「開けると良いよ」って図が載ってました(笑)

>頑張ってください。

はい、頑張ります!
ヒロシ
2021年10月10日 23:40
原市場ハリマオさん、こんばんは(^^)/

>上翼と下翼のリブの表現が素敵です
>wwⅠの戦闘機好きには たまりませんね
>この雰囲気(^^♪

ありがとうございます。
初めての手法でしたが、何とか上手くいきました。

>胴体の 花の種類が気になります(^^)/

何の花でしょうね?
私も気になってます。
2021年10月11日 12:10
デカール貼りがほぼ完了して一気に雰囲気アップしましたね。素晴らしい完成品になるのは間違いなしですね。流石です。
リブの塗装は参考になります。ただ、私の頭では理解力が乏し過ぎて、イマイチ分からない点があります😅 上面部分のリブ塗装は、リブ部分を残してマスキングすると言う事で良いんでしょうか? 写真を拝見するとリブ部分にマステを貼っておられるようですが、そうだとしたら、もう一度迷彩色(白を加えたもの)を吹くんでしょうか? すみません。今後の製作時の参考にさせて頂きたいので、是非ご教授のほどお願いします。(単に私が理解出来ないだけですが…。)
胴体の花はエーデルワイスですね。日本には分布していないので、馴染のない花ですが、ドイツ語で高貴な白と言う意味です。サウンドオブミュージックの映画の中で「エーデルワイス」と言う歌が唄われているので、曲は聞いたことあるかと? 日本では、高山植物のセイヨウウスユキソウと言うのがこの花の一種と言われているようです。実物は見たことありませんが…。
ヒロシ
2021年10月11日 12:32
0-sen殿、こんにちは。

>デカール貼りがほぼ完了して一気に雰囲気アップしましたね。素晴らしい完成品になるのは間違いなしですね。流石です。

ありがとうございます。
でもここからどういう風にウェザリングするか試行錯誤になると思います。
WNWのHPの作品を見ると、その汚れ方とかが実にリアルで参考になりますが、果たしてそのようにできるかは分かりません(笑)

>リブの塗装は参考になります。ただ、私の頭では理解力が乏し過ぎて、イマイチ分からない点があります😅 上面部分のリブ塗装は、リブ部分を残してマスキングすると言う事で良いんでしょうか? 写真を拝見するとリブ部分にマステを貼っておられるようですが、そうだとしたら、もう一度迷彩色(白を加えたもの)を吹くんでしょうか? すみません。今後の製作時の参考にさせて頂きたいので、是非ご教授のほどお願いします。(単に私が理解出来ないだけですが…。)

説明が不十分だったようで申し訳ありません。
グリーンとライラックは普通に塗装し、その後白、もしくは明るめのグレーを足して明度を上げた両色を筆でリブのところだけ塗っています。
塗料は薄めてかすかに色が乗るような感じで塗っています。
そのあと幅約1.5mmのマスキングテープの細切りをリブに沿って貼ってから、エナメルのスモークを薄く吹いています。
吹くときはリブに沿ったところと、翼前縁を中心に吹いています。
これで写真のような感じになります。

>胴体の花はエーデルワイスですね。日本には分布していないので、馴染のない花ですが、ドイツ語で高貴な白と言う意味です。サウンドオブミュージックの映画の中で「エーデルワイス」と言う歌が唄われているので、曲は聞いたことあるかと? 日本では、高山植物のセイヨウウスユキソウと言うのがこの花の一種と言われているようです。実物は見たことありませんが…。

なるほど、あの有名なエーデルワイスって花の名前だったんですね。
一つ勉強になりました(^-^)
あきみず
2021年10月11日 20:33
リブ面の強調の方法を公開してもらえたのですね。
うっすらと色調を替えるだけで引き立ってくるのでしょう。
上翼のドイツデカールの上にエルロンのマスキングを
貼ってもデカールが剥がれないのが、凄わざだと思います
ヒロシ
2021年10月11日 23:17
あきみずさん、こんばんは。

>リブ面の強調の方法を公開してもらえたのですね。
>うっすらと色調を替えるだけで引き立ってくるのでしょう。

公開といっても、これは制作記#6でご紹介したWNWエアモデラーズガイドに載っていた方法なんですよ(笑)
私も初めてやってみたんですが、なかなかいい感じになります。

>上翼のドイツデカールの上にエルロンのマスキングを
>貼ってもデカールが剥がれないのが、凄わざだと思います

もちろんマステは粘着力を落として貼っていますが、一部剥がれそうになり慌てました。
もう少し全体的に軟化剤を使って密着させた方が良かったです。