Avro's Annie(8)

さて、いよいよ懸案のキャノピーなどの透明パーツに取り掛かりますよ。

ところでその前にキャビンのところの両サイドのすき間をパテで埋めることにしました。
だってキャノピーを付けてもやっぱり目立つから…。
画像

画像

それに胴体の方のキャノピーとの接合部の断面が斜めになっていて接着の際にズレやすそうというのも理由。いっそのこと削って平面を出そうかと思ったのですが、そうするとキャノピーの高さがずれてしまってキャノピー側が低くなってしまいそうなんです。
何より中のフレーム上部とキャノピーがギリギリなのでこれ以上低くはできません。

キャノピーの方は裏から機体内部色を塗っておきます。
画像


とにかくこの飛行機は枠が多くてマスキングが大変!
画像

細切りしたマスキングテープでまずは枠の周りをマスキングします。

ノーズ先端の透明パーツは金型のせいかこんなんなってます。
画像


なので磨きました。
画像

画像


先端の前照灯?はメッキシルバーに塗っておきました。
画像


銃座のところのドーム状の下側の透明パーツはこんなんなってます。頭痛いです
画像

まあ、これは後回しにしようそうしよう。(汗)

まずはキャノピーを仮組みしてみると
画像

あらら、大きなすき間が!

ここはプラ板をスペーサーとして入れてすき間を処理しました。
画像


キャノピーは前後で分割されているのでまずは後部の大きい方から接着しました。
胴体側となるべくずれないように流し込みタイプと瞬間を併用し、後部が充分固定されてからいよいよ前部を接着します。

画像


しかしやはり多少のギャップは生じてしまいます。
画像


機首にある小窓はシャチョーさんから頂いた○にカットされたマスキングシートを使用しました。ちょうど大きさが合ってべり~
画像

画像


これで全てOKかと思いきや、なにやらパーツが余ってる!
な~んと計器盤の下に付けるはずだったフットペダルを忘れていました。
仕方ないので先端の透明パーツを剥がし外します。
画像


ピンセットで奥の計器盤の裏に接着しました。なんか角度が微妙にずれてるけど気にしないことにしよう。(汗)
しかし接着剤が完全に固まる前に気がついてよかった。
画像


で、再度接着してこれでやっと終了。
あとは接着したところに流し込みタイプも使っているので1日程度放置してからパテなどで接合部の処理を行おうと思います。
画像


とにかくここからが一番厄介な部分ですね。
ここの処理が終われば峠は越えるので先が見えてきそうです。

そういえばそろそろ塗装&マーキングも決めなければいけないですね。
今のところ全面シルバーにしようかな~などと漠然と考えていますけどね。

"Avro's Annie(8)"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: