ドラケン製作記その1

いきなりですがドラケン完成しました~。
画像


うそだぴょ~~~~ん!

すいません、これは前に作ったハセガワの72です。
しかし48の完成機もこれと同じカラーリングにする予定です。

ということで…
BMのメンバーの方々や他のモデラー仲間の方々もドラケンを作られているようで人気の高さが伺えますね。
新製品のキットでこれだけ多くの方が発売と同時に作り始めるなんて珍しいのではないでしょうか?
ハセガワからも早速これが

さて、そのドラケンですが静岡に間に合うか微妙なところです。が、これはアニーも同じ。なるべく両方を持ち込みたいところですがスペースの関係もあるしどちらか間に合った方になる可能性もあります。まあ、今のペースだとドラケンの方が先に完成しそうな悪寒ですが…。

キットは外翼が別パーツになっていてインスト通りだと胴体を上下組んでから取り付ける手順になってます。
画像


しかしそれだと外翼と胴体の接合部にすき間が生じやすいです。
なのでまずは上下とも胴体に外翼を接着してしまいます。
画像


そしてこのキットを作られてる皆さんが難儀しているのがこれらの接合部。

とにかくここが一番問題。
画像


ここもすき間が生じました。
画像


これもね~(苦笑)
画像


これは修整済みですが。
画像


あとこんなところや
画像


こんなところも
画像

ここは気づかずに接着してしまったのですが、修整は難しいので裏面でもあるのでこのままにします。(汗)

そして胴体後部の接合部の処理は…
画像

画像

どうしても小さなスジ彫り(パネル?)が埋まってしまいますが、ここは根性で再生!
ま、元通りとはいきませんが良しとしましょう。


垂直尾翼の小判型の部分はこのようになっています。これはキットの箱絵も参考になりますね。
画像


で、キットはただの平面なのでちょっと追加工作。
画像

ドリルでまずは幾つか穴を開けます。

画像

その穴を広げて整形します。

画像

そしてエバーグリーンの0.25×0.75㎜のプラ板でスリットを再現します。実機のスリットは4枚あるようです。

機首のピトー管はいづれファインモールドあたりから挽き物パーツが出そうですがまだないので真ちゅうパイプと洋白線で自作しました。
画像


そうそう、ここにもピトー管のようなものがありますので洋白線で自作です。
画像


ということで現在はここまで。
画像


あと少しでサフ吹きできるところまできましたので今週末には塗装に入れそうですが、作例の仕上げもあるのであくまでも予定です。
まあ、作例が完成すればこのドラケンとアニーに集中できそうだけど間に合うかな…(滝汗)


           静岡まであと30日!

"ドラケン製作記その1" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント