模型制作代行引き受けます。詳細は近日!

帰ってきたフェラーリF2001その3

いや~~~~~~~~~~~~~暑い熱いですなぁ・・・・
世間はお盆休みも終わりで、Uターンラッシュが始まっているとかいないとか。

我が家には特に田舎はありません。なのでそういう帰省なんていうものが無いので、ほとんど家にいるか、出かけても近所です(笑)

さて!久しぶりにF2001ですよん!

前回の「その2」の記事が3月ですからホントに久しぶりです。

今回はLOTUS79をやっているので、新旧とはいえ同じF1ちゅ~ことでちょっと手を動かしました。
ちょうどタミヤのロータスもデカールを貼り終え、ウレタンクリアも塗装。
やっと完成の目処が見えてきたのでちょっと弄ることにしました。

しかし現役復帰したシューマッハはイマイチ精彩に欠けますね。
まあ、マシンのポテンシャルが少々劣っているというのもあるのかもしれませんが、頑張って表彰台に上がってほしいものです。

前回はフェラーリレッドを塗りなおし、クリアーを塗装したところまででしたが、案の定、そのまま放置プレイですた(滝汗)
まあ、漢の1/12を最優先していたというのもあるんですけどね。

で、今回はロータス79のデカール貼りに続けてその勢いでフェラーリもやってしまおうという魂胆。
画像


デカールは当初の‘02年前半仕様からキットの本来の姿である‘01年仕様へと方針転換したため、その余った`02年用に加え、後から買い足したマルボロデカール。それにキットのデカールの組み合わせで進めています。
画像


ここで気がついたのが、どのGP仕様にするかということ。
当然キットはタバコ広告規制でロゴのないドイツGP仕様です。
これをマルボロのロゴがあり、かつキットのままで改造の少ない仕様にしなければいけません。
ていうか、こういうことは最初に調べておかなきゃいけないんですが・・・

そこで調べるとカーモデリングマニュアルVol.10に作例があり、キットとほぼ同じ仕様でいけるのはヨーロッパGP仕様ということ。

相違点はノーズハッチが平板でフロントウィングのシェルやフェラーリHPのロゴがなく、マルボロのロゴが入るのが主な相違点だそうです。
なので、当然その仕様に決定!

ただ、ノーズハッチはキットのままのインテークのあるパーツで組んでしまっています。
幸い塗装は別に行って、軽く接着していただけなので再度外し、バリチェロ用のパーツを加工して使用することにしました。
画像

画像


このパーツだけまたフェラーリレッドで塗装です(苦笑)
なのでノーズの部分のデカール貼りだけ後回しですな。仕方ない・・・・

兎に角このキット、年内には完成させたいです(切実!)

"帰ってきたフェラーリF2001その3" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント