タミヤ1/24 ユーノス・ロードスター#10

いよいよロードスターも佳境に入ってきました。
ボディの方はもう研ぎ出しできる状態なんですが、まずは室内を大方仕上げてしまいたいので、そちらを優先。

初代ロードスターは通常のグレードに加え、Vスペシャルという所謂豪華バージョンがあります。
内装は通常のグレードは黒1色ですが、Vスぺはタン色で、ステアリングとシフトノブはナルディ製のウッドになってます。またサイドブレーキのグリップもそれに合わせウッドになってます。

ということで、それらの工作。

ステアリングはキットのグリップにタミヤのスーパーセブンのスポークを組み合わせて製作しました。
但し、スポークの左右の角度がちょっときつ過ぎるので、一度カットして再接着してます。
画像


画像


本当はスポークにある凹溝も開けたかったのですが、1回ピンバイスで穴をあけようとしたら押す力で接着部が取れてしまい、修復に苦労したので穴はあけは断念しました。

ホーンボタンのところはH・アイズミニの2種の大きさのを使用しました。
大きい方は極力薄く削り、穴をあけてリング状にし、小さい方も薄くしてステアリングに接着しました。
画像


画像


画像


塗装するとこんな感じ。
どうにかナルディに見えるでしょうか。
画像



シフトノブも加工します。
実車のシフトノブはこれ。
私の愛車のです(今は別のを付けてるので)
画像


当然ながらキットのは通常のグレードの形状
画像


削って整形
画像


色塗って完了
画像


サイドブレーキもウッドでノーマルより太めなので、パテを盛って整形しました。
画像


画像


画像


で、室内はこんな感じ
画像


画像


シートはバケットシート。
形状の修正も終わり、まずは黒で塗装してシートベルト穴のところと裏をマスキング。
画像


画像


タンを塗装してマスキングを剥がします。
画像


この後多少のタッチアップが必要ですが、まあこんなものでしょう。
画像


ついでに幌も塗装です。
このパーツはMX-5ミアータのキットにセットされているパーツ。
まずは黒で塗装してからタンを塗りました。これは室内と同様の手法です。
画像


画像


とりあえずボディに載せてみました。室内も入れて…・
う~ん、いい感じ。
画像


ホイールはアオシマのカプチーノに付属していたものを加工。
スポークの部分の厚みが気になるので、削って薄く見えるようにしました。

左未修整、右修正後
画像


サフを吹いてまずはガイアのEXブラックを塗装。
画像


TE37のカラーはブロンズっぽい色です。
ガイアのブライトゴールドをベースにクレオスのカッパーや色の素を少々入れて調色。適当に混ぜたので、正確な配合は分かりません((笑)
画像


これにクリアーを掛ければホイールも完成。
本来はVOLKやTE37のロゴはこのホイールの色だと白地に黒だったと思うのですが、キットのものは白用のデカールなので残念ながらブルーです。

さて、そろそろボディを研ぎ出ししましょうかね。

ではまた!

"タミヤ1/24 ユーノス・ロードスター#10"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: