模型制作代行引き受けます。詳細は近日!

BBR1/43 フェラーリF355GTSその①

先日のエントリーでもう一つ始めてしまったとお知らせしたのはこれでした。

BBR1/43フェラーリF355GTS

初の1/43です。

以前からいつかは作りたいと思いつつ、なかなか実現できませんでしたが、このたび意を決してチャレンジしますです。
ベネトンと九試単戦製作の合間にやるので完成はいつになるか分かりませんが、ゆるゆるとやっていこうと思います。
ま、パーツも少ないし、それほど完成までは掛からないと思いますけど。


キットはもう何年前かわかりませんが、かなり昔に今は無き恵比寿のMr.CRAFTで購入したもので、もちろん初めて買った43のキットです。
1994年型となっているので、たぶんその頃買ったのでしょうから20年前ですね。
画像


ボディや室内はレジン、ホイールやリアのエンジンフードなどがメタルです。
レジンのボディは凄くシャープな成型です。
画像


ただ残念なことに、テールランプの赤丸のパーツが1個紛失してます
元から1個足りなかったのか、それとも今迄何回となく箱を開けたり閉めたりを繰り返していたせいでなくしたのかも。
画像

ま、このパーツは複製でもすればなんとかなるでしょう。


さて、まずはボディをよく見てみると、フロントピラーが歪んでいます。
画像


これは熱湯風呂に付けて簡単に修正できました。
画像


ボディの裏はスがいたる所にあります。
裏返さない限り見えませんが、なんか気分的に良くないのでこのあとパテで埋めました。
画像


シートは2個のうち1こだけ背もたれと座面の境の両脇のところに余分な出っ張りがあったり、ヘッドレストと背もたれの境のラインがぐだぐだなので修正しました。
画像


画像


で、まず仮組み。
画像


画像

タイヤ&ホイールはシャフトを適度にカットして車幅に合わせます。
フロントはこのままでいいようですが、リアのトレッドはもう1ミリほど詰めても良さそうです。

シャーシはメタルの1枚板。
なぜかボディに留めるビスが付属していなかったので、手持ちのものから合いそうなタッピングビスで留めました。
先日オクで手に入れた同じBBRの550GTも無かったので、自分で調達しろということなのでしょう
画像


また車軸となるシャフトを通すU字溝が大きく、置いたときはいいのですが、持ち上げるとタイヤがダランと下がりますので、U字溝とメタルのシャーシとの間にスペーサーを付けるなど細工しないといけないです。

ボディはウィンドウラインやタイヤハウス内に少々バリが出ていたので修正し、サフを吹きました。
画像


リアのエンジンフードはメタルなので、ブラシで磨いたあとミッチャクロンマルチを吹いてサフを吹いておきました。
画像


画像


と、ここでメタル製のドアミラーの仮組みと処理をしていないのに気づきました。
あとでやっておかなきゃ…

それとボディカラー・・・
今のところレッドでいこうと思いますが、内装色は黒とタンの2種あるみたいです。
どっちにしようかな?

ということでまた次回。

では!

"BBR1/43 フェラーリF355GTSその①" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント