ヒロシの蜜柑山探訪第33回「トミー1/32 ジャガーSS100」

皆さん、こんばんは。


いやぁ、最近なかなかプライベートものが進まなくてブログの更新もままならないので、久しぶりに蜜柑山探訪ですよ(笑)

さて、今回は1~2年…いや2~3年前か?
某リサイクルショップで手に入れたトミーの1936年式ジャガーSS100!
画像


画像


箱の横には完成写真
画像


画像

これを見ると32スケールとは思えない再現度ですね。

それもそのはず、シャーシやワイヤーホイールなどは金属製なんです。
画像


画像


ライトのメッシュガードも金属製!
画像


ボディは赤のプラで成型されています。
画像


プレートは塗装済みのものがセットされています。
これ、塗ろうと思うと意外に手間が掛かるので嬉しい配慮。
画像


英国紳士?のフィギュアもセットされています。
画像


組立説明図

まず最初はパーツリスト
なんとすべてのパーツに名称が記されています。
こういうのは良いですよね。
画像


画像


画像


このトミーの32はシリーズで数種発売されていました。
画像

これを見つけたとき、ポルシェ356もあったんですが、迷ってジャガーに(本当は両方欲しかった)
因みにベンツ300SLは見たことありますが、フェラーリは今まで見たことありません。
実際に発売されたのかな?

これが発売されたときは、何だ、1/32か…と思ったのですが、その出来の良さに模型界ではちょっと話題になりました。
当時私はカーモデルは1/24をメインにしていて、32とかの小スケールは眼中になかったのですが、最近はあまりそういうことは気にしていません。
ちなみに当時の価格は2,300円でした。

このキットも近々手をつけようかと思っているところで、出来れば来年2月のオー集で展示したいなぁと思ってます。

ではまた!

"ヒロシの蜜柑山探訪第33回「トミー1/32 ジャガーSS100」"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: