ハセガワ1/48 紫電改(前期型)その9

マーキングは色々迷っていたのですが、takiさんからもご指摘があったとおり、例の写真はパソコンで作られた画像である可能性が高いということや、ほぼすべての資料で343-37は後期型とされているので別の機番にすることにしました。

で、結局苦労して白縁を入れたのですが、これを濃緑色で塗りつぶし(実機と同じですね)、キットのデカールと、エアロマスターのデカールの組み合わせで343-03にしました。

画像


当初は日の丸の赤に合わせてサークルカッターで切り出した〇を貼ったのですが、どうしてもズレれて上手くいかなかったので、仕方なくマスキングテープを貼った上からフリーハンドで切りました。
画像


若干はみ出しや塗り残しがありましたが、タッチアップで何とか誤魔化せる範囲です。
右側
画像


左側
画像


日の丸の中の03はキットのデカール。
ハセガワのデカールには日の丸を塗装で行った場合に使用できる03のみのデカールもセットされていたので、それを使用しました。
胴体の白帯もキットのもの。
画像


下面の重なる部分は丁寧にカット。
画像


尾翼のナンバーですが、キットのは透けそうだったのでエアロマスターの方をを使用しました。
画像


画像


一番上の画像のように、下地にシルバーを塗装してあるので、カリカリと剥がしてチッピングを再現しましたが、ちょっと剥がしすぎたような気がしないでもありませんが、ま、いいや(笑)

デカールを貼り終えたので下面にスミ入れをしました。
画像


後は上面もスミ入れし、多少のウェザリングを施し艶消しクリアを吹いて小物を取り付ければ完成です。

最近は九七式艦戦のほかに512BBも始めたしケンメリも手を付け始めましたので、ちょっと完成が遅れていますが、来週中には完成させたいと思っています。

ではまた!

"ハセガワ1/48 紫電改(前期型)その9" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント