模型制作代行引き受けます!

Su-15 TM フラゴンFのリカバリー

皆さん、こんばんは。

ヘンシェル2機もようやく完成し一息ついたところで、次のアイテム(オオタキ48)に取り掛かる前に、以前ご紹介したトランぺッター1/48 フラゴンFの破損個所などのリカバリーを行いました。

電ホの作例として製作し、返却後しばらくコトブキ屋さんで展示していたんですが、いつの間にかレドーム先端のピトー管?アンテナ?が根元から折れて無くなっていました
画像


そこでマスターの金属&レジンのD.UPパーツを入手しておいたので、今回それを取り付けることにしました。
画像


組立てみましたよ
画像


塗装はまずミッチャクロンを吹いて、その上からサフ、そしてシルバーを塗装しました。
主翼のピトー管もセットされています。
画像


キットのプラ製のピトー管との比較
画像


画像


マスターの説明書ではレドーム先端のピトー管はφ1.0mm、翼の方は0.9mmの穴をあけるようにとありましたが、それではきつくて入らなかったので、それぞれ1.1mm、1.0mmで開けました。
画像


ということで晴れて元の姿(より良く)に戻りました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


因みにこの作品、約17年前の作品です。

ではまた!

"Su-15 TM フラゴンFのリカバリー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント