プロヴァンス1/43 ジャガーE2A ル・マン#2

ボディの塗装に入りましたよ~
43は小さいし、下地さえできちゃえばすぐ塗れます
画像


画像


塗料はファンデーションホワイトですが、う~ん、もう少し黄ばんだ感じの所謂69番のグランプリホワイトみたいな方が似合うかな?
この上から塗るか?ちょっと考えましょう。

で、キットにペラっと入っている1枚の組み立て説明(というか塗装説明)には、ボディカラーはマットホワイトだよと書いてありました。
画像


上がフランス語で下が英語。
BLANC MAT=マットホワイトの意
画像


え~~!艶ありじゃなくてつや消しだったの?という疑問がわいて、またググってみるとやっと当時のル・マンのレース中の写真など数枚を発見(もちモノクロっす)
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


これ見るとやはりつや消しのような感じですね。
まぁ、カッサカサのつや消しではなく、しっとりとしたつや消しの感じといえばいいのかな。

ただデカール貼るには艶消しじゃ密着しにくいんで、このあとクリアー吹いてデカール貼ったら艶消しクリアーを吹くことになるのかな。
当初普通にピカピカ仕上げのつもりだったのでウレタン吹こうと思ってたんですが(笑)

やっぱりレーシングカーとえいばピカピカボディにしたくなるんですよね。
どうしようかぁ・・・

それとブルー2本のセンターラインですが、キットの指示ではフロントグリルのすぐ上にある(ゼッケンサークルのすぐ下)ラインの前端のデカールを貼るようになっていますが、どうやらル・マンに出場したときはこの部分にセンターラインの前端はなかったようです。

ではまた!

"プロヴァンス1/43 ジャガーE2A ル・マン#2"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: