ポルシェトラクター ジオラマ製作記 4 完成

ジオラマ完成しました~
画像


最後は楽しくなっちゃって写真を撮るのも忘れていました。
なので途中の写真はほとんどありません。
画像


納屋の屋根は汚しを入れて、フラットクリアー吹いて艶を落としました。
もっとサビサビにしてもいいかな?と思いましたが、やったことないのでとりあえず今回はこんな感じに。。
画像


取っ手は真ちゅう帯板を炙って曲げたもの。
少しピカピカ過ぎたので、上からウェザリングしました。
画像


地面は木工ボンドを水で溶いたものにシーナリーパウダーを混ぜて、それを筆で少しづつ地面に乗せる感じで塗っています。
画像

納屋の下の地面との境にはタミヤのテクスチャーペイントの(草)を塗ってみましたが、色が明るすぎる感じがします。
これはちょっと失敗だったかもしれません。
ここも同じシーナリーパウダーを使えばよかったかな。

おねーちゃんもフラットクリアーを吹いて服とかの艶を落としました。
肌などは基本的にクレオスのラッカーですが、服はシタデルを使って塗っています。
水性アクリルは触っているうちに艶が出てきてしまうのが難点ですね。
画像


ワンコのわきの3本の花はプラッツの「多目的素材シリーズ」のスイセンです。
画像


おねーちゃんの顔はこんなもので勘弁してください(笑)
ホント、フィギュアの顔の塗装は難しいですね、もっと上手くなりたいっす!
画像


ワンコからおねーちゃんを見る構図。
画像


おねーちゃんからワンコを見る構図
画像


因みにトラクターのボンネットは実車ではここまで高く開かないようですが、本来の空き方(高さ)にすると、おねーちゃんの頭が入らなくなってしまうのであえて高くしてあります。
画像


今回のジオラマは当初の目的の通りおねーちゃんとワンコの会話?を感じられるシュチエーションになったのではないかと思っています。

当初、このトラクターのキットを見たとき、すぐにジオラマにしてみたいと思いました。

最初はトラクターと納屋だけで構成しようと思っていたんですが、途中でストーリー性が重要だと思いおねーちゃんのフィギュアを追加することに。
さらにワンコを加えることで一層まとまった感じがします。

ほぼ初めてのちゃんとしたジオラマは材料集めから何から何まで大変でしたが面白かったです。
機会があればまたこういうジオラマにチャレンジしてみたいと思います。

ではまた!

"ポルシェトラクター ジオラマ製作記 4 完成" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント