タミヤ1/72 飛燕Ⅰ型丁 製作その7 完成

タミヤの飛燕完成しました。

画像


ブレーキホースは追加するか迷いましたが追加しました。
実機ではタイヤのすぐ上のところを貫通しているのでφ0.6mmの穴をあけ、そこに0.4mm位の焼きなました銅線を通しています。
画像

脚柱はインストでは黒で指示されていましたが、実機はシルバー(無塗装?)か黒だったそうで、この機体は実機写真を見るとシルバーでしたので黒にはしませんでした。

キャノピー接着前のコクピット内
因みに今回シートベルトは付属のデカールを使用しました。
画像


アンテナ線はドール用の髪の毛でやりましたが、水平尾翼やアンテナ先端が薄くて付けるのが大変でした。
画像


機首上面は少し剥げチョロを
画像


主翼のこのあたりも
画像


ということで完成です

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


最後は以前製作したファインモールドの飛燕たちと
画像


画像


今回は迷彩をどう再現するか迷いました。
タミヤからは別売で迷彩デカールが発売されていて、これを使用すれば比較的簡単に再現することができます。ただ出来上がった作品の迷彩は他の人がデカールを使ったらほぼ同じになってしまいます。
当初は筆塗りで再現しようかとも思いましたが、試験的なことも含めてエアブラシでやってみることにした次第。

結果はまあまあかなという感じで、欲を言えば迷彩はもっとクッキリさせたかったんですが、0.2mmのエアブラシを使っても私の腕ではこれが限界でした(笑)
ただ72でここまで出来るならば48はもっと楽かもと思えます。

製作に関しては全く問題なく、すべてのパーツがパチピタで感動すら覚えます。
タミヤはやっぱりすげ~(笑)

蜜柑山にはタミヤとハセガワの48の飛燕があるのでそのうちチャレンジしたいですね。

タミヤ1/72 飛燕Ⅰ型丁
製作開始:2018年4月17日
完   成:2018年5月20日
価   格:¥1,600


ではまた!

"タミヤ1/72 飛燕Ⅰ型丁 製作その7 完成"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: