模型制作代行引き受けます。詳細は近日!

ハセガワ1/32 ボーイングP-12E #7

当初はメッサーをアップする予定でしたがちょっと予定より遅れていて、ブログの記事にするにはイマイチ内容が薄いため先ににP-12Eをアップします。

なのでメッサーはもう少々お待ちくださいね。

ということでP-12Eの続きっす!

結局ラダーはデカールを使わず塗装でやることにしますた。

まずマスキングして滲み防止に軽くクリアーを吹いてからブルーを塗装。
因みにブルーはデカールの色に近かったフィニッシャーズのピュアブルーです。
画像


クリアーを吹いておいたおかげでキレイにできました。
画像


で、ここからが大変でした。
赤白のストライプ模様なので白をマスキングするわけですが、ラダーの高さ方向の全長が約45㎜で、ストライプは赤白各13本。
単純に45÷13=3.46㎜でマスキングテープをカットすればいいわけですが、当初デカールの幅を測ってそれを参考に3.5㎜で順に貼っていくと、どうしても最後の赤の幅が細くなってしまうんです。

そんなことを数回やって失敗し、結局ノギスで3.46㎜で正確に測って切り出したマスキングで何とか辻褄が合いました。
あ~疲れた!(笑)
画像


赤は327番です。
ここもまずクリアーを先に軽く吹いて滲み防止。
画像


うっかりマスキングを剥がした後の写真を撮り忘れましたが、仕上がりはバッチリでした。

さて、いよいよ機体の塗装なんですが、主脚の車輪をつなげる水平の支柱から出ているV字の支柱が片方折れました。
画像


パーティングラインを処理しているときからもう折れそうだったのですが、やっぱり折れました(笑)
片側も同じような状態だったので、両方ともφ0.6㎜の真ちゅう線を埋め込んで修正しました。
画像


風防は透明度がイマイチだったので磨きました。
画像


で、いきなり機体の塗装が終わってデカール貼りもほぼ終了です。
風防はデカールを貼るために仮止めしています。
画像


画像


画像


機体はデカール貼りに備えてオリーブドラブ(Mr.カラー12番)にクリアーを混ぜて少しグロス気味にしています。
デカールはカルトグラフの印刷によるもので、軟化剤もよく効き凹凸面にもなじみが良くて貼りやすかったです。

車輪に貼るデカールは真中をくり抜いてから貼ったので楽でした。
やはり先に中心の凸部を塗っておいて正解でしたね。
画像


画像


エンジンも塗装終了。
前面に付いている赤いのはキットのインストによると「フェイスカバー」と言うらしいです。
画像


最終的にセミグロスクリアーを全体に吹いてデカールの保護と艶の調整をしたら全体の組立です。
張り線をしなければいけないですが、何とかギリギリ今月中に完成しそうな感じです
画像


ではまた!

"ハセガワ1/32 ボーイングP-12E #7" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント