AMT1/25 '70 1/2 Baldwin Motion Camaro #10

皆さん、こんにちは。

今回で完成して完結!といきたかったんですが、もう1回ほどいきます

まずはステアリングをまだ付けてなかったので塗装して付けました。

元々メッキが掛けられていたのでメッキを剥がしました。
画像

スポークの穴のモールドはドリルで貫通させておきました。
↑はその穴を加工中の写真です。

実車はスポークが金属のポリッシュorメッキで、グリップはウッドのようです。
そこでまずメッキシルバーNEXTを塗装してスポークをマスキングしてグリップをウッド塗装しました。
画像


ウッド風の塗装は飛行機用に出ていたこのセットを使用しましたが、現在は絶版のようですね。
画像


で、うっかりダッシュボードにステアリングを付けた状態の写真を撮り忘れてました(^^;

さて、このキットは前輪がステアするんですが、なぜか左右を繋げる機構がない・・・
このままでは左右が別々の方向にステアしてしまうということになるので、左右を繋げる細工をしました。
画像


φ0.6㎜の真ちゅう線を使い、先端を輪っかにして前輪の軸部分に刺しました。
画像


そしてシャーシのほんのわずかなすき間にやはり0.6㎜の真ちゅう線を介して左右を繋げました。
左右を繋げるロッドは両端をL字に曲げて輪っかに入れますが、ちょうどロッドを通しているシャーシとサスペンションのすき間でテンションが掛かり、そのままで外れることはありません。
画像


これで一応左右のステアがちゃんとできます。
画像


画像


さぁ、やっとボディとシャーシの合体です。

しかぁ~し!

あまりにキツク、はめ込んでる最中にリアサスが破壊!
画像


やはりリア側をボディの溝にはめ込むのが大変で、やっとはめ込んだのは良いのですがリアサス周りがごっそり取れました。
まあ再度接着して元通りになったったんですが、余計な手間を食いました。

ところで、仮組みのときに分かっていたんですが、フロントのシャーシとボディ側がちゃんと密着しません。
おそらくシャーシが少々歪んでいるのか、インテリアのパーツとボディとのクリアランスがほとんどないためそのシワ寄せがここにきているのかもしれません。

指でグッと押さえれると密着してくれますがかなりの反発力!
ここは接着剤で固定するのは得策ではないと思い、ビスで留めることにしました。

エンジンルーム側からボディのプレートに穴を開け、その下のシャーシフレームに貫通させました。
画像


1㎜の極小ビス(たぶんタミヤの1/12のF1キットの余り)を使用し、上手く固定できました。
画像


反対側も
画像


これでどうにか合体完了です。
画像


残るはホイールのメッキ調塗装くらいです。
リムの外周が4輪のうち2個が少々目立つガタがあったのでパテで修整しました。
画像


ホイールが終われば残るパーツを付けてエッチングのエンブレムなどを付ければ完成ですので、次回こそ完成といきたいっす!

ではまた!

"AMT1/25 '70 1/2 Baldwin Motion Camaro #10" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント