スターター1/43 ポルシェ550 Spider ル・マン1954その2

今日は春分の日ですが、東京は昼過ぎから凄い強風が吹き荒れました。

車の洗車でもしようかと思ったんですが、やめますた。。

さて、550はあっという間にボディ塗装終了です。

うっかりサフ状態の写真を撮り忘れてしまいました(^^;
基本的にはクレオスのプライマーサフ(グレー)を吹いて下地をチェックし、処理が甘かったところを再度修正してその部分を中心に再度サフを吹いてからシルバーを吹いてます。

シルバーはクレオスの旧8番にクリアーを少量足したものを2回ほど吹き、一晩乾燥させてからガイアのEXクリアーを2回ほど吹いています。

で、いよいよデカール貼りなんですが、このキットは4種類のゼッケンが選べます。
画像


ここで各車のル・マンでの戦績を。
4台のうち完走は2台。
画像


№39と№47
画像


№41
画像


№40
画像

てなわけで完走、さらにクラス優勝ということで、ゼッケンはテールがイエローの47に決定。

さて、デカールが古いこともあるし、テールのところにデカールが上手くフィットするか確認したかったので、使用しないグリーンのデカールを試しに貼ろうとしたら・・・
画像

見事に割れてバラバラっす!

なのでゼッケンなどはマイクロのリキッド デカールフィルムを塗って、テールのカラーは潔く塗装でやることにしました。
マスキングしてフィニッシャーズのファンデーションクリームを吹きます。
画像


イエローはGX4キアライエローで。
画像


マスキングを剥がしまする。

ん?
画像


んん?
画像


ありゃ・・・
内側のラインは良いようですが、外側がかなり太すぎる感じです。
画像


いやぁ~参ったな。
なんで間違えたんだろ。。

どうしましょう・・・
このままスルーして完成させるか?
でもなぁ・・・



直すには2通りの方法があります。
一つはシンナー風呂ですべて落として最初から。
もう一つはラインの余分な部分だけを消して、あとはリカバリーする方法。

ちょっと考えて後者の方法でやってみることにしました。
ちなみにゼッケンの白丸は貼っちゃいました。

本来のラインでマスキングテープを貼り、下側のボディカラーにあまり影響が出ないようここもマスキングして、薄め液を含ませた綿棒(先尖りタイプ)でイエローを拭き取ります。
画像


大体拭きとれました。
画像


下側のマスキングテープを剥がして、残ったイエローの部分をふき取ります。
画像


反対側も同様に修正
画像


そしてドアから後ろのパネルだけシルバーを上塗りします。
画像


ナンバー入れますた。。
画像


画像


これで一晩おいてクリアーコートします。

そうそう、フロントフードにはポルシェのエンブレムが入るんです。
デカールがあるんですが、これを使います。
画像


小さいほうのエンブレムのデカールはステアリングのセンターに貼るものらしいです。
因みに実車のフロントのエンブレムはかなり小さく、ステアリングに貼るくらいの大きさです。
う~ん、どうしましょ。
せっかくなのでステッカーを使いますかね
画像


ホイールディスクも塗装して墨入れし、ホイールに接着しました。
画像


さて、ここまできてちょっと問題が・・・

ライトの透明パーツが黄ばんでるんです
画像


さて、どうすっかな・・・


ではまた!

"スターター1/43 ポルシェ550 Spider ル・マン1954その2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント