タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#13

1月も1/3が過ぎてしまいました。
今月中にはボディに目途をつけたいと思ってますが・・・

まずはルーバーを抜きました。
やはりこのスケールだと抜かないわけにはいきませんよね
P1090008.JPG

裏からルーターで削って抜きました。
P1090009.JPG

次はいよいよ窓枠の工作です。
まずはウィンドウパーツのフィッティングを確認して擦り合わせなどを行いました。
P1180048.JPG

P1100013.JPG

ウィンドウパーツにはボディに接着するツメがあって、その部分はボディに付けたグレーのプラ材のところはカットしています。
そうしないとウィンドウが奥まってしまいちゃんと付けることができません(ピンボケですいません)
P1180049.JPG

P1100011.JPG

次にモケデンさんにならって、プラ板からウィンドウモールを作るための治具を作りました。
小さいマイナスドライバーを削って作りましたが、イマイチ左右均等にはできませんでしたが、まいいかと。。
0.5mm厚のプラ板をこれで削ってM凹状に加工します。
P1090007.JPG
金属製のスケールを当てて何度もなぞって彫りました。

まずは比較的直線だけ乗りアゲートの4面に接着しました。
四隅の部分は直線部分の接着が固まってから行います。
P1180045.JPG

ということで今度はフロント。
ここはアールがキツイのでマステを貼って、それを型紙にして1㎜プラ板を切り出し、これに沿ってモールを削りました。
これもモケデンさんの方法をパクらせてもらいました
P1180046.JPG

余分な部分をカット
P1180047.JPG

フロントの上の角はこんな感じ。
P1180051.JPG

こっちはちょっとカットする角度をミスりました
後で修正します。
P1180050.JPG

アールのところは扇状に細かく切ったものを繋げています。
P1180052.JPG

アールのところは結構ガタガタなので仕上げは溶きパテとペーパー掛けなどで。
P1200084.JPG

ここはあとでもうちょっときれいにします。
P1210085.JPG

ミスったところもパテで修正ました。
P1210086.JPG

裏から見るとこんな感じで、ウィンドウとボディのすき間(本来ラバーのパーツをはめ込む部分)を隠すようにモールのパーツを接着しています。
P1210088.JPG

ウィンドウを入れるとこうなります。
P1210001.JPG

P1210002.JPG

P1210003.JPG

P1210005.JPG

ウィンドウパーツはあとで磨いて綺麗にする予定です。
しかしリアはまだしも、フロントは縁がグダグダ
なのでウィンドウモールでも隠し切れず、完成後も少し汚く見えるのは諦めるしかなさそうです。
P1210093.JPG

F/Rウィンドウの目途がついたので、ボンネット脇の脱着式パネルを実車のように開閉式に加工します。

まずパネル側の余分な部分をカット。
P1180056.JPG

ボディ側も同様にカット
P1180057.JPG

P1180058.JPG

さらにここの穴を大きくして1㎜近く掘り下げます。
P1190059.JPG

この写真ではまだ掘り下げてません。
P1190060.JPG

ヒンジとそれを付ける(差し込む)ための真ちゅうパイプ
ヒンジはこの形に決まるまで5~6回作り直しました、ほぼ半日かかりました。
P1200083.JPG

ボディの裏側に黒瞬着で接着
P1200081.JPG

P1200082.JPG

パネルにも真鍮パイプを接着
P1210089.JPG

P1210091.JPG

パカ!
P1210092.JPG

本来実車はこういう感じには開かないんですが、実車通りに開閉するようにするには小さな蝶番を作らないとダメそうだったので、この方法で妥協しました。
しかしこの左右のパネル開閉工作でほぼ2日費やしました。
疲れた

ボディの下ごしらえはまだ続きます。

う~ん、オー集に間に合うかなぁ・・・

ではまた!

"タミヤ1/12 日産フェアレディ240ZG#13" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント