タミヤ1/12 ルノーRE20ターボ制作記#18

アッパーカウルにサフを吹いたところで、コクピット両サイドにあるエアダクト(NASAダクト)のパーツを付けます。

裏側はこのようになっていて、ここにダクトのパーツを付けるんですが・・・
P5090002.JPG


フィッティングをはお世辞にも良いとは言えません。
内側に付ける黒いダクトのパーツがピッタリと付かないし、カウルの厚みも気になります。
P5090001.JPG


ということで、カウルの穴の縁を裏から削ってみました。
P5090006.JPG


P5090004.JPG


表から見ると最初よりはかなり良いと思います。
ここはちょうど黒くなる部分なのでこの程度で大丈夫でしょう。
P5090005.JPG


裏側は蝉グロスブラックなので、フィニッシャーズの蝉グロスブラックで塗装しました。
P5090007.JPG


マスキングの途中ですが、ダクトの周囲はラッカーパテで均しています。
押しピン跡が目立つかな?ここはあとで処理ましょう。
P5100023.JPG


裏面のマスキング終了。
針金ハンガーを曲げた持ち手も付けました。
P5110002.JPG


捨てサフで分かった処理の甘い部分にサンディングしたので、その部分と、裏に吹いた蝉グロスブラックの吹きこぼれを中心に再度エアブラシでサフを吹きました。
P5110004.JPG


さて、今度はアンダーカウルの塗装に備えて持ち手を付けます。
裏表両面塗るので、唯一塗装しないモノコックシャーシの接着部のところに穴を開け、割り箸をねじ留めしました。
P5100024.JPG


P5100025.JPG


ところでサイドポンツーン表側は大丈夫だと思ってたのですが、サフを吹いたらまだヒケが目立ちました
P5100026.JPG


P5100027.JPG


#400番➡#600番とサンディングして、それでも僅かに凹んでいるところはイージーサンディングを塗って処理します。
P5100028.JPG


それからアンダーカウル後部の大きな押しピン跡は完成後も見えてしまうのでタミヤの白ラッカーパテを盛りました。
P5110001.JPG

ここを処理たらいよいよ塗装に入れます。

ではまた!

"タミヤ1/12 ルノーRE20ターボ制作記#18"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: