模型制作代行引き受けます。詳細は近日!

プロモデラー1/48 メッサーシュミットMe410B-1制作記#5

さて、キャノピーのフィッティングについてです。

キャノピーが歪んでいるせいなのか、操縦席左側辺りが内側に入り込んでしまいます(赤線のあたり)
P7180034_LI.jpg


P7180035.JPG


そこで縁のところに0.25×0.5mmのプラ角棒を接着してガイドとし、少し広がるようにしました。
P7180036.JPG


同時にキャノピー自体を左側に寄せるため、干渉していた後席の凸部も切除しましたがこれなんだか分かりません(笑)
P7180032.JPG


前面キャノピーとの関係もあるので、やたらにいっぱいまで広げられないのが辛いところですがどうにかなりそうです。
P7180031.JPG


また前回疑問だった枠の件ですが、ネットで実機資料を探してみました。
けっこう内側に張り出していますね。
1f9894acc231e6127d78f8e36be9a085.jpg

なので、塗装はまず内側から塗らないといけないようです・・・メンドイ💦

それから翼端灯の透明化を忘れていたので、UVレジンで透明化しました。
P7180037.JPG


電球はインセクトピンの#1番の頭を塗って差し込んでいます。
レジンを盛る際マスキングして余計なところに付かないようにしました。
そして硬化したら大間海にカットして後はサンディングと磨きです。
P7180038.JPG


P7180039.JPG


P7180040.JPG


P7180041.JPG


尾輪カバーはかなり分厚かったので可能な限り削りこんでみました。
P7180043.JPG


P7180044.JPG


そしていよいよサフ吹きです。
サフはグレーでいくか黒でいくか迷いましたが、黒でいくことにしますた。
P7180042.JPG

これで接合部等のチェックをして塗装に入ります。

ということで、ホルニッセは塗装できる段階まできたので、次回からテスタロッサと並行しながら進めようと思いますよ。

ではまた!

"プロモデラー1/48 メッサーシュミットMe410B-1制作記#5" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント