テーマ:米軍機

レベル1/32 カーチスP-40E‘フライングタイガー’製作記#4

九日ぶりのP-40です カマロに掛かりっきりだったのでこっちはすき間時間にユルユルと進行しています。 まずはエンジンの塗装が終了。 まだ排気管は付けてません。 世傑の写真からヘッドから上は黒にしました。 下部はメタリックグレーみたいな色ですが、後でウォッシングをする予定です。 こ…

続きを読むread more

レベル1/32 カーチスP-40E‘フライングタイガー’製作記#3

昨年手を付けて長期放置中でしたが、サニトラも完成し新年ということで一区切りついたので再開です。 このP-40Eは静岡のBMのお題「レベル・モノグラム」のアイテムなので、まぁ、5月まで完成すればいいのでのんびりいきます。 前回の#2は昨年8月でしたので、凡そ5ヵ月ぶりですねぇ(^^; で、キット自体…

続きを読むread more

【B!M非公式】夏の終わりの鷹まつり #8 完成

てなわけで、何とか9月中に完成させることができ、毎月1個は完成させるというノルマは達成できました。 ま、最後の方は早く完成させたくて少々やっつけ仕事になったのはナイショ(笑) では完成までをちょこっとですがご覧ください。 キャノピーは第二風防の持ち手を取り替えたときに、うっかり裏のマスキングまで剥がれてしまったのを…

続きを読むread more

【B!M非公式】夏の終わりの鷹まつり #7

いよいよデカール貼りです。 デカールはカルトグラフ製で軟化剤もよく効き、伸縮性もあって曲面にも馴染みやすい上質なものです。 ただ若干糊が弱いのかシルバリングを起こしやすいです。 翼面に貼るデカールなんかは各国旗マークが1枚のシートになっていてフィルム(余白)の面積が広いので、貼るときに軟化剤を付けつつよ~く馴染ませても…

続きを読むread more

【B!M非公式】夏の終わりの鷹まつり #6

さて、機体の塗装はほぼ終わったんですが、細かいパーツの塗装がまだでした。 この機体は記念塗装なのでアチコチ派手です(笑) 爆弾も赤白青で塗り分けです。 尾部のフィンと触れ止めはニュートラルグレーで、最後に筆塗りしました。 最終的にはこの上から半艶クリアーを吹く予定です。 脚柱も同様です。 ただ…

続きを読むread more

【B!M非公式】夏の終わりの鷹まつり #5

今日からまた3連休ですね。 私は午前中の仕事無事終わったので、これから2.5連休です(笑) さて機体の処理も終わったのでそろそろ塗装・・・と思ってたら、BMのFacebookグループでtakiさんから「ここまでやって垂直尾翼の付け根、やっぱりスルーするの?」なんてコメントを頂きました。 というのも、N型では垂直尾翼付け根に…

続きを読むread more

【B!M非公式】夏の終わりの鷹まつり #4

皆さん、こんにちは。 ここのところ作例をメインにしているため、どうしてもプライベートものは牛歩の歩みになってます。 今週末もまた3連休ですが、土曜日は午前中だけ仕事があるので丸々休みというわけにはいきません。 でも作例も一番の山場(ほぼ一から自作する部分)が大方終わったのでホッとしています。 さて、牛歩のP-40Nの続き…

続きを読むread more

お買い物雑記帳

9月に入って初めてのお買い物です。 ※前回のM.F.Hのポルシェ917は届いたのは9月初めですが、支払いは既に8月中に済ませていたので たぶん今月はこれだけ…だと思う(笑) まずはこれ そう、レベルのP-40Eフライングタイガー! ご存知の方はあれ?と思われるかも。 というのも既にこのキットは持っていて、来年…

続きを読むread more

【B!M非公式】夏の終わりの鷹まつり #3

さて、鷹まつり3回目です。 各接合面の処理と抜けているパネルラインの追加および修正を行いました。 主翼前縁付け根のところは下側にまったくラインが無いので世傑の図面を参考に追加しました。 前回指摘した機首先端部分にある穴の開いた四角いパネルの上部を修整しました。 一旦埋めて彫り直してます。 またそれと同時に多…

続きを読むread more

【B!M非公式】夏の終わりの鷹まつり #2

てなわけで製作開始です。 まずは士の字に仮組みしてみます。 基本的に合いは良いです。 心配したキャノピーと胴体はまずまず。 またその後部と胴体とのフィッティングはちょっと段差が生じますが何とかなるでしょう。 ただ第一風防下端にゲートがあり、こりゃどうしても跡が残りそう・・・ それと気になったのは水平尾翼の上下…

続きを読むread more

【B!M非公式】夏の終わりの鷹まつり 勃発!

みんな大好きカーチスの憎い奴。灼熱の砂漠から酷寒の北欧まで、馬車馬のように働いたいわゆるホークシリーズを作ってみよう! スケール不問。たまごもOK。空冷もあり。 てなわけで、BMメンバーのFacebookの集まりで突如祭りが勃発しました。 そもそもはtakiさんがモーヴのP-40を作り、その後ハセガワの1/72を仮組みなん…

続きを読むread more

レベル1/32 カーチスP-40E‘フライングタイガー’製作記#2

まだ本格的に製作に着手というわけではないんですが、とりあえず機体を仮組みしてみたんです。 そしたら・・・ なんですかこれは・・・ 元々手に入れたときは主翼の片側もエルロンの辺りから反り返っていたのは分かっていたんですが、胴体もこんな状態だったとは! なのでこの状態では胴体に主…

続きを読むread more

レベル1/32 カーチスP-40E‘フライングタイガー’製作記#1

まだすぐには着手しませんが、来年の静岡HSの我がBMのお題が「レベル(モノグラム)」なので、思い出深いキットを作ることにしました。 私が小学生の頃に初めて作ったレベルの1/32のプラモ! P-40E‘フライングタイガー’ このキットについての思い出はすごく深くて、今でもヤフオクなどで出品されているのを見かけると「お!」…

続きを読むread more

ハセガワ1/32 ボーイングP-12E #9 完成

梅雨明けして今日も朝から30度近く気温が上がりました。台風の影響なのか風も強いです。 さて、ボーイングP-12Eが完成しました。 では完成までをご覧ください。 プロペラは中心部がブレードに比べて少し落ち着いたシルバーのようなので、マスキングして8番シルバーにクリアーを混ぜたもので塗りました。 尾輪なんです…

続きを読むread more

ハセガワ1/32 ボーイングP-12E #8

いやぁ~、毎日暑いですね。 東京(関東)は梅雨明けしたような天気が続iいてましたが今日はどんよりと曇ってます。 都心の方では朝方雨も降ってたみたいですね。 さて、P-12Eっす! キットの操縦桿ですが、塗装の際コクピットに詰め物をする関係上まだ付けていませんでした。 一応パーティングラインとかを処理してみたんで…

続きを読むread more

ハセガワ1/32 ボーイングP-12E #7

当初はメッサーをアップする予定でしたがちょっと予定より遅れていて、ブログの記事にするにはイマイチ内容が薄いため先ににP-12Eをアップします。 なのでメッサーはもう少々お待ちくださいね。 ということでP-12Eの続きっす! 結局ラダーはデカールを使わず塗装でやることにしますた。 まずマスキングして滲み防止に軽くク…

続きを読むread more

ハセガワ1/32 ボーイングP-12E #6

皆さん、こんにちは。 今日は気持ちのいい天気で、ひと時の梅雨の晴れ間という感じですね。 さて、P-12Eは塗装に入り、まずは翼にイエローを塗装しました。 当初ファンデーションクリームを下塗りしたんですが、なかなか下地が隠れてくれず、「まぁ、何とかなるだろう!」とイエローを吹いたのですが、これまた下地が透けてしまい何度も塗り…

続きを読むread more

ハセガワ1/32 ボーイングP-12E #5

いよいよP-12Eも塗装作業に入ります。 プロペラの軸のズレはやはり気になったので直しました。 一旦ハイパーカットソーでカットし、正しい位置に再接着しました。 そしてもう1回パテで接合部を修整。 エンジンの軸周りにはボルトがあるようなので、エバグリの六角棒を切ったものを接着しました。 数は適当です(笑) …

続きを読むread more

ハセガワ1/32 ボーイングP-12E #4

機体の方は凸モールドのラインやリベットの再生をどうするかというのが残ってますが、大方目途がついた感じです。 残るはエンジン、プロペラなどの小物。 エンジンは前面に付くカバーが一体成型になっています。 ここは後発のP-26になると別パーツになっているんですが、コイツはこのままいくしかありません。 またエンジンのシリンダー部…

続きを読むread more

ハセガワ1/32 ボーイングP-12E #3

機首上部のパーツ接合部の修正は、一番ひどかったコクピット前がほぼ終了しました。 次にコクピット周りのクッションをちょっと修正します。 ネットで実機写真を見てみると、コクピット開口部の縁は黒い皮と思われるクッションで覆われています。 キットでもそれはモールドされていますが、とくに前方は少々貧弱なうえ左右の張り合わせ面の修正も…

続きを読むread more

1/48 F-8Eクルセイダー製作記#7

静岡HSのために他のキットを優先したためにちょっと放置してましたが久々再開しますよ~ ノーズコーンと機首とのつながりをスムーズにするため、最初は機首側に細切りマスキングテープを巻いて、パテが余計なところに掛からないようにしてノーズコーン側にパテ盛り。 1回ペーパーを当ててからマスキングを剥がし、繋がりがイマイチな部分に再度パ…

続きを読むread more

ハセガワ1/32 ボーイングP-12E #2

上翼と下翼の接合部の処理がほぼ終わりました。 これは上翼 最終的にサフを吹いてもう一度チェックしますが、とりあえずホッとしました(笑) 同時にこの上翼の楕円のモールドも開口 前回画像を載せ忘れていましたが、接着前の仮組み段階の翼です。 どうしてもすき間が空くので、プラペーパーを挟んで、さ…

続きを読むread more

ハセガワ1/32 ボーイングP-12E製作開始

飛燕も完成したので次のキットに取り掛かります。 BMのお題もあるんですが、前からハセガワの1/32の張り線シリーズのP-26やF4B-4、BF2C-1、そしてこのP-12Eのどれかをどうしても作りたくて仕方ありませんでした。 悩んだ挙句まずはこのP-12Eから作ることにしたんですが、実は静岡HSから帰って数日後には箱を開け、…

続きを読むread more

1/48 F-8Eクルセイダー製作記#6

明日からいよいよゴールデンウィークですが、私は仕事なのでそれよりも1週間後の静岡HSの方が楽しみです(笑) てか、モデラーはみんなそうかな(笑) で、現在はこのクルセイダーとタミヤの飛燕、そしてオオタキの疾風を並行してやってますが、疾風は頑張れば静岡に間に合うかもしれないので、ちょっと集中して進めようと思います。 なので疾風を…

続きを読むread more

1/48 F-8Eクルセイダー製作記#5

久しぶりのクルセイダーです。 このキットはレドームが別パーツになっていますが、エアインテーク部分との境にすき間が生じます。 それもこれもインテーク内部のパーツの合いが悪いのが原因。 当初レドームを接着してパテで埋めて処理しようかと思いましたが、そうするとレドームが邪魔してインテークの口のところの処理がやり難くなってしまうの…

続きを読むread more

1/48 F-8Eクルセイダー製作記#4

いろいろ平行してやってるので牛歩の歩みですが、クルセイダーも少しずつ進んでいます。 作り始めて16年! やっと胴体を貼り合わせました(笑) 仮組みで気づいた主脚部の後入れ不可問題。 塗装して胴体を貼り合わせるときに入れました。 ただそのままだと接着面積が少なく、すぐ取れてガタツキが出るのでプラ棒を押さえとし…

続きを読むread more

1/48 F-8Eクルセイダー製作記#3

レジンのコクピットの塗装が終了しました。 計器盤はイモ付けだったので、裏側に□0.75のプラ角棒で補強を入れました。 シートは最後に組み込むので黒に塗っただけでまだ塗り分けしてません。 後部にあるグリーンのタンクは塗装指示があったのですが、その他の配線類などはでっち上げです。 赤い配線も黒や銀ばかりじゃつまらない…

続きを読むread more

1/48 F-8Eクルセイダー製作記#2

コルセアが完成したのでクルセイダーを再開します。 まずはコクピットを組み込まないと胴体を貼り合わせ出来ないし先に進めません。 ということで、ブラックボックスのレジン製コクピットの摺り合わせから。 キットのサイド部分のモールド(黒く塗った部分)はレジンパーツが貼れるように切除します。 レジンパーツはガイアのレジンウ…

続きを読むread more

オオタキ1/48 F4U-1A コルセア製作記6 完成!

オオタキのコルセア完成しました~ では完成までをご覧ください。 とはいっても小物をちょこっとだけですが・・・ タイヤの塗装です。 先にタイヤを塗装し、マスキングしてホイールを塗装 ホイールに墨入れし、タイヤはクレオスのウェザリングカラーで仕上げ ピトー管はφ0.5㎜の洋白線と、φ0…

続きを読むread more

オオタキ1/48 F4U-1A コルセア製作記#5

皆さん、こんばんは。。 5月のSHSまで2か月を切りましたね。 早いとこコルセアを完成させて次にいきたいです。 なにしろ作りたいものはいっぱいあるんで・・・ さて、一通り機体の塗装も終わって墨入れをしてる最中にミスを発見! 機首上部にあるアンテナを取り付ける穴を埋めるのを忘れてました。 …

続きを読むread more